ダイワハウスの太陽光発電の評判はどうなの?

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

ダイワハウスの太陽光発電の評判は?

太陽割で安く買えた

ダイワハウスは2KWのソーラーパネルをつけると太陽割をしてくれました。なのでほかのメーカーもいろいろ提案してもらったのですがやはり高いので諦めていました。ですがダイワハウスの太陽割で他のメーカーよりお得になりましたので、ソーラーパネルをつけることに決めました。

リチウムイオン蓄電池がついている

昼間電気を発電して電気代を抑え、夜は深夜料金の電気代で過ごすというやり方だったのですが、リチウムイオン蓄電池のおかげで夜の深夜料金が安い時間帯に電気を充電しています。そうすることで昼間はその充電した電気を使い発電した電気を全て売ることができているのでとても助かっています。入れるときはとても高かったですが、長期的に見れば電気代も安いし日々の生活が楽になりました。いれて良かったと思います。

ダイワハウスの太陽光発電にかかる費用は?

ダイワハウスは「スマエコ」といって太陽光発電とリチウムイオン蓄電池をセットにして売り出しており太陽光発電に対してとても力をいれています。それらをセットにした家も販売しており坪60万~70万の間になっています。XEVOは標準でついているようです。ソーラーパネルと蓄電池がセットと考えると決して高い金額ではないように感じます。また、ダイワハウスは太陽割を行っています。2KW以上を搭載し方に限られますが、2KW以上5KW未満の方は5万割引、5KW以上の方は10万割引と割引制度を設けているのでとてもありがたい制度だと思います。ちなみに1枚のソーラーパネルが種類によって異なりますが、およそ250Wです。つまり1KWの発電をするなら4枚のソーラーパネルが必要になります。2KWだと8枚が必要であり、5KWだと20枚のソーラーパネルが必要だと考えていただければと思います。
もし、4KWのソーラーパネルを屋根に取り付けたいと考えた場合、およそ200万はかかってしまいます。内訳はソーラーパネル、パワーコンディショナー、架台、ケーブル、設置工事、足場建設費用などがかかってきます。
メンテナンスにいたってはやはり保証期間が終わってしまったら負担は大きくなります。例えばパワーコンディショナーはソーラーパネルで発電した電気を家で使えるように変換する機械ですがそれを新品に変えるだけでも20万以上のお金が発生してしまいます。ですがダイワハウスが取り扱っている火災保険に加入すると、太陽光発電システムや蓄電池などが壊れてもその保険が適用になる可能性もあります。保証がなくても、保険が使えることはとても大きいメリットなので安心して使えるところではないかと思います。

ダイワハウスの太陽光発電の売電収入はどうなの?

ダイワハウスに限らずソーラーパネルの精度はどのメーカーもあまり大差はありません。ですがXEVOでソーラーパネルと蓄電池を標準でつけてくれるのはとてもメリットのあることだと思います。この二つがセットでフル活用すれば光熱費もかなり削減できると考えています。本来のソーラーパネルを着けるだけでも年間の光熱費が約10万円ほどの誤差が出てきます。ですがさらに、蓄電池を加えることで、深夜帯の電気料は安くなるのでその時間帯に充電し、昼間はその電気を使い、ソーラーパネルで発電した電気は全て売電に回す。そうすることで低価格で電気を使うことができ、安定して売電の利益を得られることができます。ダイワグループは一般住宅以外でもグループ全体でソーラー発電に力をいれています。売電額が低くてもこのやり方なら他のメーカーよりかなり早い段階で利益が出るのではないでしょうか。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

ダイワハウス
フォローする
住まいハック