ダイワハウスの平屋の評判は?坪単価や間取り図などを解説!!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

ダイワハウスの平屋の特徴、評判は?

ダイワハウスの平屋の商品ではXEVOのGRANWOODという商品がありおすすめです。この商品はXEVOの木造住宅バージョンであり、鉄骨住宅の技術を活かした作りになっています。外張り断熱なので室内の保温性、気密性にも重点をおき、外壁と柱の間にわざと隙間を開けているので、通気性も確保され木材が呼吸ができるため痛みにくく、白蟻などの害虫対策もしっかりとされています。鉄骨技術も盛り込んでいるため窓を大きく開放的にもできますし、自由設計なので平屋でもロフトをつけることもでき、天井も梁(はり)を見せるようにし吹き抜けた間取りもできます。また、デザインも力をいれておりおしゃれな居心地のいい空間を作ることをコンセプトにされているようです。
そのためダイワハウスの平屋の口コミを見てみましたが、やはり他のメーカーではないおしゃれな開放的な感じが好評のようです。

ダイワハウスの平屋の価格、坪単価は?

平屋の場合どこのハウスメーカーで建てようとやはり二階より高くなります。建物でお金がかかるところは基礎と屋根だからです。平屋の場合はどうしても基礎と屋根が大きくなるため割高になります。先程おすすめしたダイワハウスのGRANWOODの坪単価はソーラーパネルを付けて50万~になっています。他社メーカーと比較するととても安く買えるのですが平屋だと部屋数や広さにもよりますが60万ほどまで上がります。なのでやはり坪単価的には少し割高になっていますが、他社メーカーと比較したらダイワハウスの平屋はとても安く買える方なのではないかと思います。

ダイワハウスの平屋の間取り図

2LDK

リビングが大きく窓も大きいため目の前をウッドデッキにしており、開放的な間取りになっています。②番のところはあえて低いスペースになっています。平屋の場合目線がほとんど変わることがありません。ですがこのように下に下がることにより目線を低くし、違った空間を作ることができます。目線が下がると同時に天井も高くなりその部分だけ窓もあるので気分を変えたいときにもおすすめな空間になります。③のスペースは収納棚です。寝室に行く途中で大型の収納棚があるので明日の服やバッグなどを取り出しやすいように工夫されています。平屋ですが廊下を利用し収納スペースも確保されているので収納で困ることもありません。
http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/shohin/xevoSIGMAhiraya/plan/plan1.html

3LDK

この間取りは和風な家であり、現代では珍しいですが広い土間があります。ですがこの土間がポイントで暖炉が設置されています。大型の暖炉を設置できるので部屋中を暖炉の火で囲み暖かい空間を作ることができます。リビングからも土間からも寝室や和室に入ることもできるので移動に困りません。また、広いロフトもついているので、収納にも困りませんし、使い方次第で自分の空間にすることもできます。
http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/shohin/xevoSIGMAhiraya/plan/plan4.html

2SLDK

この間取りは小さいお子さんがいるご家庭におすすめです。②ウッドデッキの中庭がありそこでバーベキューもできますし、遊ぶ広場にすることもできます。子供が遊んでいてもキッチン、リビングからも窓で眺めることができるため確認しやすいです。①のリビングも天井が吹き抜けになっており天井が高く窓もあるので開放的です。③キッチンの裏から浴室まで行けるので家族の行動が確認でき、洗濯物をするときも通り道になっているのでいったり来たりをする必要がなく、家事がしやすい間取りになっています。
http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/shohin/xevoSIGMAhiraya/plan/plan3.html

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

ダイワハウス
フォローする
住まいハック