ダイワハウスの耐震性能はどうなの?

ダイワハウスは地震には非常に力をいれています。鉄骨住宅や木造住宅でも必ず筋交いといって柱と柱の間に斜めに鉄骨や木材を通してガッチリと固定するようになっています。そうすることである程度の大きい地震にも耐えられるようになっています。ですが、やはりそれらも劣化します。東日本大震災、熊本地震のように大きい地震の後に大きい余震が何回も来ると建物は倒壊しなくても内装や外装などに被害が出てきます。現代では耐震基準が厳しいのでどこのメーカーも大きい地震にも耐えられるようになっていますが、余震を想定した大きく連続した地震への強度は震災で被害が出ている建物があるので、心配なところがあります。柱を大きく頑丈なものにするという考えもあるかもしれませんが建物にも揺れ疲れがおきるので、建てたばかりでは大丈夫ですが何十年と時間が建つに連れて揺れ疲れがたまり被害が出る原因にもなります。なのでガッチリ固定するのは問題はないのですが、長く住み続けて、地震を何回も経験したら被害が出る可能性があります。ダイワハウスはそこに着目し、ガッチリと固定するだけではなく、しなやかに衝撃を受け流せるようにする仕組みにしました。ダイワハウスのXEVOという商品に先程書いた筋交いに衝撃を受け流せるデバイスを標準装備で搭載しています。
画像の斜めに入っているのが筋交いです。筋交い右下のデバイスのお陰で地震が来てもそのデバイスが閉じたり開いたりするので地震を緩やかに受け流せるようになっています。

またオプションになりますが、このようなデバイスも発売しています。筋かいをクロスにして、丈夫さを増し、その上でクロス部分にデバイスを設置し下からの揺れに柔軟に対応できるようになっています。ダイワハウスはガッチリと固めるだけではなく、このように衝撃を受け流せるように工夫された工法で建物を作っています。このような取り組みからダイワハウスの耐震等級は3を獲得しています。耐震等級は1~3級まであり、数が上がるほど耐震性は高いという判断基準です。ダイワハウスはそのなかでもトップの耐震性を持っています。

ダイワハウスの地震への影響、評判は?

保証期間が長くて安心できる
ダイワハウスの売りである保証期間が長いのは非常にありがたいです。もし何かあっても保証があるのとないのじゃ大きな違いです。耐震設備も充実しているのであまり心配していません。長く住む大切なところなので安心しています。

熊本地震で二棟倒壊の記事を見てしまって不安になりました。
ダイワハウスで検索すると熊本地震で二棟倒壊の記事を見ました。倒壊したのは築年数がとても経っているものかと思いますが、それでもそれを見て大丈夫かなと思いました。ですが現在では耐震についての対策を取っており安心できるのではないかと考えています。

基礎が弱いので購入をやめました。
建物が大丈夫でも基礎がヒビが入るという口コミを山ほど目にし購入をやめました。建物を強くしてくれても基礎が弱ければ倒壊するかもしれません。保証は長いかもしれませんがちゃんと長く安心した住まいがほしいので、特に基礎は建物を支える大事なところなので基礎に評判がよくないので購入をやめました。