パナホームの平屋の評判は?坪単価や間取り図などを解説!

スポンサーリンク

出典:パナソニックホームズ株式会社

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

パナホームの平屋の特徴、評判は?


パナホームは鉄骨住宅のメーカーですので平屋ももちろん鉄骨でできており、鉄骨の長所を生かした仕組みになっています。

吹き抜けた間取り

moguさん(@mogumo17)がシェアした投稿


普通の木造住宅は耐震が弱まるので柱や壁をある程度の感覚でいれていかなければなりませんがパナホームではそれはせず吹き抜けた間取りをしています。

キッチンとリビングをつなぎ、家族団らんで過ごすスペースを広くしたいというご家庭にぴったりです。なので家族がどこに誰がいるかがわかりやすく、広々と居心地のいい空間が作れると思います。

窓を大きくし開放的にすることもできる

Yukibeさん(@smile.y12)がシェアした投稿


木造住宅は先程の例と同様、耐震が弱くなるのであまり窓を大きくしたり、増やしたりができません。そのためどうしても窓や玄関の大きさ、多さに制限がかかりますが、鉄骨住宅の場合はその制限が木造住宅より緩いです。

木造住宅より鉄骨住宅の方が耐震性が強いからです。なので窓を大きくし素との風を取り込みやすく、開放的な間取りにすることもできるので庭と家をつなぐポイントにもなります。

バリアフリーにも対応

Yuko Kikunoさん(@yuko_kikuno)がシェアした投稿


やはり年を取った老後の生活も大事ですがそれを考えた設計になっています。吹き抜けた間取りで壁もなく、階段もないので足腰にも優しい。なので子供が将来独立しても夫婦だけで快適な生活を送ることもできます。

このような理由から小さいお子さんや、育ち盛りのいるお子さんがいるご家庭に人気を集めています。

パナホームの平屋の価格、坪単価は?


パナホームは二階建てもそうですが。全体的にお高めになっています。平屋だから二階建てより安いでしょと思われる方もいらっしゃるかと思いますが実は平屋の方が高いです。

建物をたてる際、お金がかかるところは基礎と屋根です。平屋にすると間取りが大きければ大きいほど屋根と基礎も大きくなるので値段が大きくなります。ですが平均的な坪単価は60万~70万程です。

パナホームではオール電化のエルソラーナという建物もあり、この建物が平屋に向いているのかと思います。

それは屋根がどうしても大きくなるのでソーラーパネルをより多く設置できるからです。最初は高くても屋根一面に設置できるため売電率を高くすることも可能で、光熱費も0にすることも可能です。平屋でソーラーパネルを設置したいというご家庭には是非おすすめです。

パナホームの平屋の間取り図

出典:パナソニックホームズ株式会社

この間取りはキッチンを中心にリビングが広く開放的な間取りになっています。LDKだけで30畳あり広々とした生活が過ごせます。

また、キッチンを中心に他の部屋とも繋がっているので家族がどこにいるのかが把握しやすい間取りとなっております。

出典:パナソニックホームズ株式会社

この間取りもLDKが28畳あり、LDKから家族がどこにいるのかが見渡せやすい間取りとなっています。

家族の過ごす場所が広くもうけられておりのびのびと子育てをすることが可能です。

また、ご高齢の方にもリビングからすべての部屋に繋がっているため移動するにも苦にならない間取りだと思います。

出典:パナソニックホームズ株式会社

この間取りはご夫婦で生活される方か、お子さんがもう大きいご家庭におすすめになります。まず玄関から廊下に入り各部屋に通じるようになっています。

ですがパナホームすべての間取り共通はLDKが広いというところです。

LDKが広く廊下から各部屋に繋がっているため開放的で、また、廊下にもバリアフリーの手すりをつけることも可能ですので移動も苦にならない。

将来の夫婦二人きりの生活される方におすすめです。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

パナホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック