エースホームの平屋の評判は?坪単価や間取り図など解説!

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

エースホームの平屋の特徴、評判は?

エースホームは比較的低価格で住宅を販売していることで知られる
低価格ながら品質が高いことが人気のポイントです。
ハウスメーカーとしては20年の歴史を持っており、建築・デザインノウハウを存分に使った建築を得意としています。
ヤマダエスバイエルとトステムが共同出資して作り上げた会社なので、エスバイエルのノウハウとトステムの設備知識も持ち合わせています。」

エースホームは木造在来工法を得意としているハウスメーカーです。
「美的耐久性」をコンセプトにしており、住宅の耐久性にデザインを掛け合わせた家づくりを得意としています。
基本的には間取りを自由に設定でき、施主の好みに合わせた提案をできる提案力が武器です。

昨今、平屋住宅は近年ニーズの高まりを見せています。
老後の住まいとしての需要や伸び伸び子育てがしたいという若い世帯からも人気が高まっているのです。
平屋住宅はワンフロアで完結する造りになっているため、大きな段差がなく足腰にも優しくて、子供への目のむけ方も変わることも人気の要因のようです。

・エースホームの平屋の評判

エースホームでは平屋専用住宅モデルというものは販売していないようです。
しかし、エースホームの商品の中でも一番人気の「アンディ」なら平屋住宅を造ることが可能のようです。
自由設計を得意としていることもあり、施主のこだわりを詰め込んだ住宅を付けることが可能です。
基本的に自由設計ができるようで、平屋だけでなく二世帯住宅にもできるようです。

価格についても安いから品質が低いというわけではありません。
エースホームは低価格ながら品質の高い住宅を造ることで人気が出ているのです。
価格以上の家づくりをしていると考えられます。

エースホームの平屋住宅は子どもに目が届きやすいこと、家族が自然に集まる空間をコンセプトとしています。
LDKを軸にして和室や寝室が周りを取り囲むようなプランニングがなされています。

平屋住宅は居住スペースが1階だけなので間取り的に狭く感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、平屋住宅は上の階が無いため天井を高く取ることが可能です。

エースホームの平屋の価格・坪単価は?

エースホームは比較的安価で住宅を販売しているメーカーです。
価格安く、品質・サービスは高いという事で人気でもあります。

エースホームの平屋住宅の価格は坪単価で40~50万円ほどと思われます。
大手と言われる高級住宅メーカーでは坪単価70~100万円とも言われるため、半額ほどで家が建てられる事になります。

アンディの2階建ての坪単価の最安が35万円なので少し割高な印象は否めません。
しかしこれはエースホームに限った事ではありません。
多くのメーカーでは平屋を建てる場合、複層階住宅に比べ坪単価が高くなる傾向にあるのです。

エースホームの平屋の間取り図

前項まではエースホームの平屋のメリットや価格についてご紹介してきました。
ここからはエースホームの平屋住宅の間取りに関してご紹介していきます。

間取り1:アンディ木造軸組み工法平屋建て3LDK

アンディの平屋モデルはLDKを中心にその周りを寝室や水回りが囲んでいる設計になっています。
エースホームの平屋住宅は老後の住まいというよりも子育て世帯がのびのびと暮らせる住宅です。
玄関土間収納にはベビーカー等の大物をすっぽりと収納する事が出来ます。
ダイニングの隣にはタタミルームなるものもあり、お子様とのコミュニケ―ションやリラックススペースとしてお使いいただけます。
寝室は主寝室含めて3室。お子様が大きくなっても安心して住んで行けます。
リビングからはテラスに出る事も出来、心地よい住まいを演出してくれることでしょう。

家族のつながりを大切にする家|アンディ(平屋) | エースホーム株式会社
アンディ(平屋)は、部屋と部屋の垣根がないので、家族のつながりを大切にする住まい。若い世代に求められる目が届き、自然に集まる暮らしを軸に、LDKを中心に、日常的に使うことを前提としてリビングと連続させた「タタミルーム」を活用するオープンな暮らしを提案。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

エースホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック