エースホームの二世帯の評判は?坪単価や間取り図など解説!

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

エースホームの二世帯の特徴・評判は?

昨今、二世帯住宅の需要は大きくなり続けています。
その要因には大きく2つ、高齢化社会と若年層の賃金の低下があると言われています。

従来では、親世帯の高齢化に伴い子世帯との同居を望むというパターンが多いように見受けられました。
しかし現在ではマイホームを買いたいけれど金銭的に手が出ない方が、2世帯で折半して購入するケースも出てきています。

二世帯住宅には大きく分けて2つのメリットがあります。
1つは先述しました通り、両世帯がお金を出し合って購入できる点。
もう一つは、孫と祖父母のコミュニケーションの場所が作れるという点です。

また、二世帯住宅には相続に関するメリットも存在します。
同居の定義「玄関が1つ・住宅内部で行き来ができる・世帯ごとに区分されていない」の3つを守ることで相続税の減免措置を受けることが可能となります。

一方、二世帯同居にはデメリットもいくつか存在します。
子世帯の多くはバリバリ働いている方が多いと思われます。。
親世帯との生活時間の違いからお互いのストレスの原因にもなり、問題が起きてしまうケースがあるようです。

現代の同居に必要とされているのはお互いに思いやりを持ち、付かず離れずの良い距離感をもてる二世帯住宅です。
今回はエースホームが手掛けている二世帯住宅をご紹介いたします。

エースホームの二世帯の坪単価は?

ユニバーサルホームでは「アンディ」の二世帯専用住宅プランを販売しています。
親世帯と子世帯のお互いの時間を大事にできる間取り造りを提案しています。

エースホームではお互いが程よい距離感で過ごしていけるように「融合同居型」二世帯住宅を提案しています。
建坪自体が小さくても十分暮らしていけるコンパクトな造りとなっています。
融合同居型とは、玄関やバス・キッチンを互いに共有するプランです。
昨今の二世帯住宅は、完全分離型が主流となってきていますが、あえてエースホームではこの形を採用しています。

だからと言って全て共有するとなると、各世帯のプライバシーはいったいどうなるのかという疑問が出てきます。
そこでエースホームはいくつかの工夫を凝らして“気兼ねなく”快適に過ごしていける方法を提唱しています。

・洗面コーナーの分離

同居の際に気になる部分に「お風呂」があると思います。
多くの場合洗面脱衣所の隣に浴室があり、ドア一枚で隔ててあるというのが一般的です。
そこで、洗面コーナーとリネン室、浴室と今まで2つの部屋だったものを3室に分離しました。
こうすることで入浴する人も身支度をする方もお互いが干渉せず、心置きなく使う事が出来るのです。

キッチンを家族全員で共有するためそこそこの大きさの空間が必要になります。
アンディ二世帯プランではキッチンを大きく設計することで、複数人で一緒にお料理することを可能にしました。
家族が集うキッチンダイニングを広く設計することで、コミュニケーションの場となり心を通わすこともできるのです。

価格に関して言えば、エースホームは比較的安価な価格帯で住宅を販売しているメーカーです。
二世帯住宅を購入するときの価格は坪単価で50~60万円ほどと言われています。
ローコスト住宅メーカーに比べると少し高価な部類に入ると考えられます。

エースホームの二世帯の間取り図は?

エースホームではアンディ二世帯プランが用意されています。
実際にどんな間取りの二世帯住宅を販売しているのか調べてみました。

・間取り1:アンディ木造軸組構法2階建て

こちらは玄関・キッチン・バスを互いに共有する二世帯プランです。
1階はおもにメインの共有スペースと親世帯の生活スペースが完備されています。
リビングダイニング・キッチンはとても大きく取られており、家族全員で食事を楽しむ事が可能です。
2階には子世帯用のミニリビングと各寝室、バルコニー型リビングが設計されています。
世帯ごとのプライベートルームは1階と2階に分けてプランニングされているので、生活音等を気にすることなく快適に過ごしていけます。

アンディ(二世帯) | エースホーム株式会社
住宅ローンの悩みを解消してから注文住宅を建てましょう。注文住宅を建てる前に知っておきたい資金計画について学べるセミナーを全国で開催していますので、住宅ローンの悩みや土地の探し方、注文住宅の間取りについてもお気軽にエースホームにご相談ください。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

エースホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック