エースホームの耐震性能はどうなの?

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

エースホームの耐震性能はどうなの?

日本ではここ20年ほどで幾度もの大地震が起きています。
最近起きた例だと2011年の東日本大震災と2016年の熊本大地震が記憶に新しいと思います。
1994年の阪神淡路大震災に始まり、平成期だけでも未曽有の大災害が続けざまに起きているのです。

そこでこれからの住宅に求められる機能は「耐震性」です。
エースホームは比較的低価格で住宅を販売しながら、その機能性には定評がある住宅メーカーです。
マイホームをご検討している皆さんにとって安く家を買えるのは大きなメリットですよね?
安かろう悪かろうではなく安く品質の高い家を買う事が一番大事なポイントです。

しかし、エースホームでは、これまで国内で起きた地震の際の住宅倒壊の件数を公表していないようです。
「揺れに耐え抜く住まい」を謳っていますが、数値的な情報はWEB上では見当たりません。
こういった数値を公表してくれると、消費者としては安心ポイントが増えて購入意欲が高まりますよね?

以上のように住宅を買う際のメーカーの耐震へのこだわりはとても重要なポイントなのです。
ここからはエースホームがどのような工夫を凝らして丈夫な家づくりをしているのかをご紹介いたします。

・頑強な構造耐震等級3

エースホームでは木造軸組み工法を得意として家づくりを行っています。
従来までの軸組構法は地震の横揺れに弱いと言われてきました。
梁と柱の設置点に力がかかり過ぎて、倒壊のリスクが高かったのです。
そこでエースホームでは柱と梁の接合部分に金物のプレートとドリフトピンを使用して剛性を高めました。
そうすることで接合部に大きな力がかかっても倒壊するような災害につながらないのです。

・オリジナルベタ基礎

住宅自体の耐震性はもちろん大事ですが、それだけでは大きな地震に耐えられません。
建物の耐震性においていちばん重要なポイントは基礎なのです。
基礎が貧弱では上物=建物は即座に倒壊してしまいます。
地面とは必ずしもしっかりとしているものではなく、基礎できちんと家を支えてあげることがとても大事なのです。
そこでエースホームでは「オリジナルベタ基礎」という基礎を採用しています。
地震だけでなく台風や一か所集中荷重にも耐えるオリジナルベタ基礎は基礎自体の厚みが厚く、強固な造りとなっています。
上物の住宅をしっかりと支え、大きな地震でも倒壊しない家を実現しています。

・耐震性

ここまで、エースホームの住宅がいかに耐震を考えて造られているかをご紹介しました。
数年以内に大きな地震を体感した私たちは十多雨の耐震性がいかに大事な物か、身を以て知る事となりました。
住宅メーカーも同じように、今まで起きないとされてきた大きさの地震にも対応せざるを得なくなりました。
エースホームで展開しているすべての商品は最低でも耐震等級が2になるように設計されています。
建築基準法で定められた耐震性の1.25倍の耐震性を誇り、想定しうる災害に耐える計算です。

・制振システム

エースホームではオプションで「制振システム」があります。
強い基礎、強い住宅に合わせて制振システムを導入することで、地震エネルギーを最小限にすることが可能です。
エースホームで採用しているのは最新式の制振システムで、建物内の揺れを吸収して構造を傷めません。
地震の揺れは住宅の上階ほど大きくなると言われているため、上階の揺れを吸収して家具の転倒も最小限に食い止めるのです。

エースホームの地震への影響、評判は?

エースホームの地震に関する情報を集めてみましたのでご紹介いたします。

評判1:大地震を想定した家づくり

家を建てるという事はその先にあるリスクまで見越して決断をしなくてはいけません。
家を建てたからそれでおしまいというわけにはいかず、地震や火災等の危険性を常に考えることになります。
しかし、そういった不安を少しでも軽減するためにエースホームは耐震性にこだわって家づくりを行っています。
基礎や構造を強いものにすることで、住んでからの安心感も非常に大きなものになりますね。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

エースホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック