エースホームの坪単価はいくら?人気3商品の価格を調査!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

エースホームの価格や坪単価は?

エースホームは比較的安価に住宅を販売しているメーカーとして知られています。
しかし、一般にコマーシャルを打っていたりしている訳では無さそうで、知名度的には低い企業でもあります。
元々ヤマダエスバイエルとトステムが共同出資で立ち上げた住宅メーカーで、本社は新宿に置いています。

住宅の特長としては、木造軸組み工法を得意としており、地震に強い家を造る事でも定評があります。
フランチャイズ展開をしていることもあり、一部地域を除き全国で建築を依頼することが可能のようです。

大手と言われる企業の平均的な住宅坪単価は70~100万円と言われています。
大手住宅メーカーの価格が高くなる要因には大きく「ブランド料」があると言われています。
エースホームでは比較的低価格で良い家を提供することに力を入れています。

住宅のデザイン力の高さが人気のエースホーム。
耐久力にデザインを掛け合わせるという独自の考え方で施工棟数を伸ばしているのです。

ここからは人気のあるいくつかのプランをピックアップして、坪単価をご紹介していきたいと思います。

・#1:Andy(アンディ)

Andy(アンディ)はエースホームの住宅の中でもとても人気の商品です。
モダンな外観とシンプルな印象が素敵な住宅で、幅広い世代から人気を得ています。
基本的にはオーソドックスな造りで、シンプルさを売りにしている商品です。
屋根の形をいくつかのタイプから選ぶこともできる自由度が高いことでも人気です。
スタイリッシュなデザインやシンプルモダンがお好きな方にはピッタリの住宅商品です。

・Andy(アンディ)の価格と坪単価

エースホームの中で最もポピュラーな商品「Andy(アンディ)」。
メーカーが一押しする住宅の坪単価はいったいいくらなのか。
参考価格としては40坪で1600万円ほどするようです。
坪単価に直すと40万円です。
坪40万円で住宅を買えるという事は大きなメリットであると思います。
Andy(アンディ)は二世帯住宅や平屋にも対応しているので施主のこだわりを込めた家づくりができると言えるでしょう。

・#2:CANTO(カント)

CANTO(カント)は南ヨーロッパ風のシンプルながら暖かみのあるデザインが特徴の商品です。
「家族や友人が居心地良く集まれる空間」をコンセプトに設計され、吹き抜けのある開放的な空間を演出しています。
2階にいる家族の存在を感じながら生活ができる「アクティブラウンジ」という部屋も造りつけられています。
デザイン性の高さで人気のエースホームらしい住宅商品です。

・CANTO(カント)の価格と坪単価

エースホームのデザインに対するこだわりが詰まった「CANTO(カント)」。
構造的な強さとデザインを兼ね備えたカントの坪単価は40.0万円ほどのようです。
この価格には住宅設備の金額が含まれていない様で、実際に購入するときの価格は坪50万円ほどかかってしまうとの情報がありました。
しかし、長期的な点検保証が付いて、長期優良住宅仕様の家がこの金額で手に入るのはお得だと思います。

・#3:ISAI(イサイ)

ISAI(イサイ)はエースホームのラインナップの中でもグレードの高い商品です。
所謂スマートハウスと言われる住宅で、太陽光発電システムが標準で装備されています。
使われている部材に関しても、エースホームの他の住宅に比べてグレードの高いものを使用しています。
外観は和モダンを意識し、シンプルさと都市住宅感を表現しています。
敷地を十分に活用できるようにエースホーム独自の「マキシマムロット設計」を取り入れ、間取りを自由に変更できることも大きな特徴です。

・ISAI(イサイ)の価格と坪単価

ISAI(イサイ)は先ほどお話ししたとおりエースホームの商品の中でグレードの高い住宅です。
基本的に太陽光発電システムが標準装備されており、建材もグレードの高いものが使われています。
住宅において重要な耐震性を高める制振システムも標準で搭載している高機能住宅です。
気になる坪単価は40~50万円程とのことです。
これだけの装備が最初から付いてこの金額なのは大きな魅力ですよね?
アンディをご検討中の方にはこちらの商品もおすすめかもしれません。

エースホームの価格や坪単価の内訳は?

富士住建が提供している住宅シリーズ。
ここまでは人気プランの坪単価についてご紹介してきました。
しかし、実際に家を建てるときにどれくらいの金額がかかるのかが一番知りたいポイントですよね。
ここでは実際に富士住建で家を建てた方の見積もりを参考にお話をしていきます。

例)延べ床面積49坪
工事金額2020万円

内訳

・本体工事:1720万円
・オプション:
・全館空調
・太陽光発電etc…
・付帯工事:200万円
・給排水本管接続
・屋外給排水工事
・ガス工事
・仮設工事
・解体工事
・地盤改良工事
・外構工事
・カーテン工事

・その他+経費:100万円

以上が内訳となります。

・本体工事

本体工事とは、住宅を建築するに当たりかかる資材費、人件費をまとめたものです。
工務店によってはどの資材がいくらなのかを明記する場合もあります。
基礎工事から建て方工事、仕上げ工事までがここに区分されます。
かかる費用のほとんどはこの本体工事です。

・オプション

この項目はお客様によっては見積もりに乗らない部分かもしれません。
省エネ住宅に有効なエネファームや床暖房など付加価値的なものの金額の総額です。

・付帯工事

付帯工事とは本体工事とは別に、設備系工事や駐車場などの外構工事などの総称です。
上水下水の配管工事からガス設備の工事、土地によっては地盤改良が必要な場合もあるのでその金額もこの項目に盛り込まれます。
エクステリアや駐車場、屋内外の照明取付など多岐にわたります。

エースホームのモデルプランの金額から調べてみました。
デザイン性が高く、設備も整った住宅をこの価格で建てられるのはメリットだと考えられます。
坪単価に直しても45~50万円と比較的リーズナブルです。

エースホームの総額は契約前見積もりと差が出る?

どこの住宅メーカーにおいても言えることですが、見積もり以降にプラン変更やオプションの追加をすることで金額は大きく変わることになります。
エースホームでの金額の変動についてはこれといった情報が出てきません。
建築を依頼する際には見積もりの額をきちんと確認して、担当者に直接聞いてみることをおすすめします。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

エースホーム
フォローする
住まいハック