アエラホームの二世帯の評判は?坪単価や間取り図など解説!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

アエラホームの二世帯の特徴・評判は?

近年二世帯住宅のニーズが拡大しています。
その要因として考えられていることに、高齢化社会と住宅の老朽化があります。
老後への不安等からお年寄り世代の同居願望が大きくなっていることがうかがえます。
住宅を買うにしても1世帯で買うよりも2世帯で買った方が経済的負担も少なく済みます。
また、子世帯が働き盛りの場合には子供の世話等を親世帯にサポートしてもらう事もできるため生活負担も緩和できます。

また相続に関しても二世帯住宅に住むことで恩恵を受けられる場合があります。
同居の定義「玄関が1つ」「住宅内部で行き来ができる」「世帯ごとに区分されていない」の3つを守ることで相続税の減免措置を受けることが可能となります。

一方、二世帯同居にはメリットだけではなくデメリットも存在します。
主に生活時間の違いで、うまくいかないケースが多いのです。
同居をするとなると食の好みや生活時間の違い、生活音など様々な要因でギクシャクしてしまうのです。

そこで現在二世帯住宅に求められているのが「付かず離れず」です。
お互いの生活を尊重し、丁度良い距離感で住まう事でストレスを少なく生活が送れるのです。
そこで今回はアエラホームの二世帯住宅をご紹介いたします。

アエラホームの二世帯の坪単価は?

現在アエラホームでは二世帯住宅用の住宅プランを販売しているわけではありません。
販売している現行のモデルを自由設計で二世帯住宅にすることで建てられるようです。
以前はNEWクラージュプラスという名前の商品やアクラスというプランを販売していましたが、今ではクラージュにまとめられています。
二世帯専用住宅が無い代わりに施主の希望を最大限考慮した住宅を設計してくれることが強みとなっています。

価格に関して言えば、アエラホームはローコストハウスメーカーとして知られています。
大手住宅メーカーが坪単価で80万円ほどするのですが、アエラホームは35~50万円で購入する事が出来るようです。
住宅を買う事は大きなお買い物ですよね。
低価格で手に入るアエラホームの住宅は家計的にも優しく、品質の良いものなので大きなメリットと言えると思います。

特に人気のあるモデルは「クラージュ」です。
クラージュはアエラホームが一番押している商品で断熱性と気密性の高さが売りです。
外張り断熱と吹付断熱で外気の変化に左右されず室内を適温に保つのです。
また、このクラージュは自由設計住宅なので施主のこだわりをとことん突き詰められることでも知られています。
屋根断熱で高天井を作る事が出来るので空間に広々感を演出する事が出来るのです。

今回ご紹介しているクラージュは坪単価にして35~50万円が相場のようです。
高断熱高気密、性能的にも申し分ないこの住宅がこれだけ安く手に入るのは魅力ですよね?

アエラホームの二世帯の間取り図は?

アエラホームで実際に造っている二世帯住宅の間取りについて調べてみました。
しかし、情報はほとんど見つかりませんでした。
1つだけ間取りを見つける事が出来ましたので、そちらをご紹介いたします。

・間取り1:木造在来工法3階建て建坪36坪延べ床面積287.46㎡

アエラホームがウェブ上で公開している二世帯住宅設計の「CENTRAL-セントラル-」です。
デステイルのような外観は都会の中にありながらアイデンティティを失わない洗礼されたデザインです。
1階の玄関・ホールを共有部分として1階と2階で親世帯と子世帯の生活空間が分かれています。
水回りは各階に完備してあり、生活音を気にする必要なく過ごせる設計です。
1階の親世帯フロアには和室があり、客間として使っていただけます。
ホールを住宅の中心に配置し、階段もここに設計することでお互いの生活時間を気にする必要もなくなります。
しかし、完全に分離しているわけではないので、家族の気配や姿を確認できます。
良い距離感の二世帯住宅プランです。

デザインバリエーション(セントラル) | 自由設計・注文住宅のアエラホーム

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

アエラホーム
フォローする
住まいハック