アイダ設計のQ値・C値は?快適性や電気代など調べました!

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

アイダ設計の快適性は?

住宅を買うという事は大きな買い物ですよね?
せっかくマイホームを購入するのであれば様々な場所にこだわりたいですよね。
デザインや間取り、設備等住宅には施主のこだわりを表現できるポイントがいくつもあります。
しかし、皆さんがあまり気にせず購入して住み始めてから気になりだすものに「快適性」があります。
見た目や使い勝手はもちろん大事ですが、それ以上に住宅の快適性は大事なポイントなのです。

快適性と一口に言ってもその種類は様々で、断熱性・気密性などが挙げられます。
今回はアイダ設計が展開している快適性へのこだわりをご紹介いたします。

・木造軸組み工法・サイディングボード

アイダ設計では木造軸組み工法を得意として施工しています。
プラスして、外壁には耐火・防火性に優れたサイディングボードを使用しており、火事から家を守ります。

・窓・サッシ

アイダ設計の住宅に標準搭載されている窓ガラスは「Low-Eペアガラス」というものです。
この「Low-Eペアガラス」は二重ガラスの間に特殊な金属を挟み込むことによって断熱性を高めています。
夏の暑い空気も家の中に入れない、高機能ガラスなのです。
また、サッシについても遮熱性能を持っているものを使用して、窓ガラスと共に住宅の断熱性と気密性を向上させているのです。

・全熱交換式空調換気システム

昨今の住宅は気密性の向上によって、家の中の空気が外に漏れずらくなりました。
もちろんこれはとても良いことなのですが、弊害もあります。
それは家の中の空気が停滞してしまって健康に良くないという事です。
そこで、アイダ設計では全熱交換式の空調換気システムを採用しました。
住宅内の空気を素tに排出して新鮮な空気を送り込むだけではありません。
篭ってしまった熱も一緒に逃がしてくれるので、室内の快適さが保たれるのです。
お子様のアレルギーの原因になる物質もしっかりと排出し、生活臭等も室内に残しません。

・耐震性

アイダ設計はローコスト住宅メーカーでありながら耐震性にはこだわっています。
耐震実験で震度7にも耐えられrことを証明した住宅を販売しています。
快適性という点では少し離れますが、耐震性も家を買ううえでは大事なポイントですよね。
快適に暮らしていくにはとても重要なポイントです。

アイダ設計のQ値、断熱性はどう?

熱損失係数をQ値と言い、室内から外へ逃げる気温を数値化したものです。
暖房・冷房の効きが良いか悪いかはこのQ値に関わってくるのです。

アイダ設計ではQ値の計測および公表を行っていないようです。
多くの大手メーカーが公表している中で見えないというのは少し不安要素です。
ただし、断熱性を上げる取り組みはしているようで、断熱材が一体型になったパネルを使って断熱性を高めているようです。
他にもグラスウールを使った断熱や窓やサッシにも断熱性能のあるものを採用しています。

アイダ設計のC値、気密性はどう?

C値とは隙間相当面積を数値化したものです。
数値が小さければ小さいほど、住宅の気密性が高いことを示しています。。

アイダ設計に関してはこちらのC値に関しても公表をしていません。
C値に関しては公表の義務はありません。
大手メーカーでも公表していない場合が多いですが、こういった点をしっかりと明るくしてもらえると心配が減りますよね。
しかし逆を返せば、それだけ日本の住宅の気密性が高くなってきたという事でもあります。

アイダ設計の電気代はどうなの?

前項までQ値C値を調べてきました。
ここまでのことを踏まえ、実際にアイダ設計の電気代がいくらかかるのかを調べてみました。

アイダ設計はその価格の安さで人気の高い住宅メーカーです。
そんな会社の建てた家のランニングコストが高いようではダメですよね?
一例では月の電気代を7000円台で抑えられたとの声があるようです。
季節や地域によって違いはあれど、気密性や断熱性が発揮されているようです。

プラスしてZEH対応されているブラーボ・ゼネクトなどの商品であればもっと電気代を削減できるかもしれません。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

アイダ設計
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック