アイダ設計の耐震性能はどうなの?

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

アイダ設計の耐震性能はどうなの?

近年、日本では大きな自然災害が多発しています
皆さんの記憶に新しのは2011年の東北大震災と2016年の熊本大地震だと思います。
年々起きる災害の規模は大きくなっているようにも感じます。
そこでこれからの家に求められる性能は、「地震の揺れに耐える家」です。
アイダ設計はローコストハウスメーカーとしてかなりリーズナブルな価格で商品展開をしています。
施主の皆さんにとってみれば、マイホームを安価で入手できるのは大きなメリットだと思います。
しかし、安いだけで耐震性能をはじめとした重要な部分を御座なりにした住宅には住みたくないですよね?

アイダ設計ではこれまでに起きた災害に関する自社住宅の倒壊件数等を公表していないようです。
おうちを買おうと考えている皆さんにとってこの情報は提示してあった方が安心材料になりますよね。

アイダ設計が得意としている木造軸組み工法は従来地震に弱いと言われてきましたが、耐震性には自信があるようです。
自社で第三者機関を入れて耐震テストも行っているので、ある程度安心と言えるでしょう。

以上のように住宅を買う際のメーカーの耐震へのこだわりはとても重要なポイントなのです。
ここからはアイダ設計がどのような工夫を凝らして丈夫な家づくりをしているのかをご紹介いたします。

・木造軸組み工法(ブラ―ボ・コンフォート)耐震等級3

アイダ設計が得意としている建築は木造軸組み構法です。
その中でもブラーボ・コンフォートは耐震等級3を実現できる住宅として販売されています。
耐震等級とは数百年に一度発生する大地震で住宅が倒壊・崩壊しないことを基準として定められた等級です。
3という数字はその中でも最高の等級ですので、地震に強い家と考えて間違いないと思います。

・耐震実験実施

アイダ設計の注文住宅は、震度7クラスの耐震実験に耐え、試験にクリアしています。
この実験では実際にアイダ設計が建てている住宅を使っているため、信ぴょう性が高いのです。
数値の計算だけで認められたものではなく、実際に機能する耐震性能なのです。

・鉄筋コンクリートベタ基礎

アイダ設計では住宅自体の耐震を高める技術を採用しています。
上物の耐震をどれだけ強めても、基礎が軟弱ではどうしようもありません。
そこで、アイダ設計では荷重が乗ってもしっかりと受け止められる鉄筋コンクリート造のベタ基礎を採用しています。
住宅の重さと共に、地震の揺れも受け流して家を守るのです。

・ローコストとは思えない基本性能の高さ

ここまでお話ししてきましたようにアイダ設計えでゃ地震等の自然災害に対する様々な取り組みをしています。
価格を安く提供していても、住宅には妥協しない。
そんな姿勢が見えた気がしますね。

アイダ設計の地震への影響、評判は?

アイダ設計の地震に関する情報を集めてみましたのでご紹介いたします。

評判1:地震への取り組みを知り安心

アイダ設計で家を建てたいと思っていました。
理由はズバリ価格の安さです。
マイホームを買うための予算が大きく組めなくて、ローコストで建てられるメーカーをと考え、行きついた先がアイダ設計でした。
しかし、心配だったのは住宅自体の基本性能です。
安かろう悪かろうという言葉があるように価格が安いという事は耐震性能等が低いのではと心配になりました。
しかし、営業担当の方にお話を聞いていくと、第三者機関を入れての耐震実験を行い、震度7の地震にも耐えたと言われました。
ネットで調べてみると、ウェブサイトにも耐震への取り組みがいくつか書かれており、安心しました。
今までの地震でアイダ設計の家がどれくらい無事だったかを公開してくれるともっと安心できたなと思います。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

アイダ設計
フォローする
住まいハック