アキュラホームの標準装備やオプション内容、費用を調べてみた!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

アキュラホームの標準装備(標準仕様)の中身!

家を買うという事は大きなお買い物だと思います。
せっかく建てるのならば価格安く、良いものを建てたいと思いませんか?

住宅における標準仕様は大事なポイントです。
いかにオプションを付けずに快適に暮らす事が出来るのかが、満足感の一つの指針なのです。

しかし、オプションにも様々あり、生活の便利さを広げるものから見た目をお好みのものに変更するものまであります。
もしもオプションを導入するのであれば、生活を豊かにしてくれるものを厳選して取り入れたいですよね?

そこで今回はアキュラホームの住宅の標準仕様について調べてみました。
アキュラホームは元々ローコストハウスメーカーとして有名で、比較的低価格な商品展開をしています。
また、安く品質の高い住宅を建てることで知られており、人気は高まっています。

・S&Iテクノロジー

アキュラホームではS&Iテクノロジーという独自の建築メンバーを駆使し、家づくりを行っています。
S&Iテクノロジーとは構造と内装を別物として考える建築方法で、従来の家づくりと違い内装を自由に作り上げられる事が大きな魅力と言えます。
構造に依存せず施主の好みに合わせて間取りの変更ができることも人気の要因です。

・木造軸組み工法

木造軸組み工法とは従来日本家屋が採用してきた建築工法で、所謂スタンダードな建築工法です。
アキュラホームではこの木造軸組み工法を得意として家づくりを行っています。
理由として挙げられるポイントに間取りを自由に作っていけるという事があります。
伝統的な工法且つ耐震等級も高い木造軸組み工法を取り入れて、丈夫で頑丈な住宅を販売しています。

・ライフサイクルウォーク

家づくりはその時の状況だけではなく、長く生活していくうえでの子供の成長やご自身の経年を考えると思います。
アキュラホームはライフサイクルウォークという内装構造を採用しています。
このライフサイクルウォークは将来的なことを見越して壁を造ったり無くしたりすることができるのです。
作って終わりの家ではなく、長い時間をかけて家と共に成長を感じられるのです。

・ムービングクローク

ライフサイクルウォークでは間仕切りを後から自由に配置する事が出来るとお話ししました。
アキュラホームではムービングクロークと言って収納自体を動かして間仕切りにしてしまおうといものもあるのです。
建築する前に間取りや収納を決めるのがほとんどのメーカーのやり方です。
アキュラでは、もちろん建築前に決めるのですが、あとからいくらでも好きなように間仕切りが出来るのです。

・バス

3メーカーから1種ずつ選ぶことができます。
LIXIL製のキレイユとTOTO製のサザナ、Panasonic製のAWEソシエビクトリーです。
標準仕様でこれだけのメーカーから商品が選べるのはかなりお得感がありますよね。
特にTOTOのサザナはTOTO製のシステムバスの中でも人気の高いモデルとなっています。
筆者のおススメはもちろんサザナです。

アキュラホームのオプション内容と費用

ここまではアキュラホームが用意している標準仕様についてご紹介してきました。
アキュラホームの標準仕様はかなり充実しています。
これだけで通常の生活は十分送っていけそうだとも感じました。
ここではさらに暮らしを豊かにするオプションをご紹介いたします。

・床暖房システム

冬の冷たい床を暖かくしてくれる床暖房。
エアコンの暖気が嫌いな方に人気のオプション設備です。
オプションの中ではかなり高額な部類に入りますので、お住まいの環境等を加味して検討することをおすすめします。

・追加バルコニー

アキュラホームでは元々のベランダの他にバルコニーを増設できる場合があります。
欲しい場所に欲しい大きさで造れるので、施主様の使い勝手が向上します。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

アキュラホーム
フォローする
住まいハック