アキュラホームの二世帯の評判は?坪単価や間取り図など解説!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

アキュラホームの二世帯の特徴・評判は?

近年二世帯住宅はニーズの高まりを見せており、各メーカーがこぞって商品展開をし始めました。
少子高齢化と子育て世代の収入の低下、子育てと仕事の両立など様々な要因があるようです。
今までは親世帯が望んで二世帯同居をするケースが多かったようですが、現在では子世帯も同居を望む声が広がっています。
マイホームを買おうとしても価格が高くて単世帯では購入できず、同居を伴って購入費を折半するというケースが増えているようです。

二世帯住宅にはメリットがあります。
先ほどお話ししたように住宅購入費を折半して支払う事が出来ます。
子供と親世帯のスキンシップの機会も多くなり、教養の幅を広げる事が出来ます。

また、二世帯住宅には相続に関するメリットも存在します。
同居の定義「玄関が1つ・住宅内部で行き来ができる・世帯ごとに区分されていない」の3つを守ることで相続税の減免措置を受けることが可能となります。

一方で、二世帯同居にはデメリットもいくつか存在します。
特に子世帯は働き盛りの場合が多いと思います。
そうすると生活時間にずれが生じて、生活音一つをとってもフラストレーションの原因になるようです。

そこで、必要となるポイントがお互いに思いやりを持ち、付かず離れずの距離感を保つことが必要になるのです。
今回はアキュラホームが手掛けている二世帯住宅をご紹介いたします。

アキュラホームの二世帯の坪単価は?

アキュラホームでは二世帯専用住宅プラン「二世帯同居の家」という商品を販売・展開しています。
低価格を売りにしているメーカーの中で二世帯専用のプランを用意しているというのは割と珍しいのです。
二世帯住宅を専用の商品として用意しているという事から、二世帯住宅に対するこだわりが見えてきます。

先ほどもお話をしましたが、二世帯住宅はお互いの良い距離感があってこそ成立するものです。
つかず離れずお互いに距離感を保つことで良い関係性を得る事が出来るのです。
そのために住まいのカタチも工夫を凝らして作っていくことが求められるのです。
同居パターンは以下の通りです。

・住み分けタイプ

同じ住居の中に玄関を二つ設け、完全に別々で暮らしていく設計プランです。
住宅内にお互いのスペースへと行き来できるドアを設置していることで、近くに常に頼れる家族がいるという安心感を得ることもできます。
実質別所帯として生活しながら頼りたい時に頼れる良い距離感の住宅プランと言えます。

・1・2階分けタイプ

こちらは玄関が1つで1階と2階に世帯でわかれて生活するプランです。
完全に分離することなく生活しているので、お互いのスペースへ行き来がしやすく、同じ空間で暮らしている実感を得られます。
リビングを共有するタイプや水回りを共有するタイプ等様々あるので、ご家族の要望をヒアリングしてプランを決定していくことが肝心です。

・フレキシブル空間

親世帯・子世帯だけではなくその先の子供たちのことを考えたフレキシブル空間です。
間取りを後から変更したりして子供の成長に合わせてフレキシブルに対応できる住宅です。

価格に関して言えば、アキュラホームは比較的低価格な住宅メーカーとして知られています。
注文住宅を購入しようとしたときの平均的な坪単価は40~50万円ほどです。
この価格はローコストメーカーと比べてしまうと少し高価に感じます。
しかし、住宅メーカーの相場から言えばかなりリーズナブルな物となっています。

アキュラホームの二世帯の間取り図は?

アキュラホームでは二世帯専用の住宅プランが存在していることについてはお話ししました。
そして、いくつかのプランからご家族の生活プランに合わせて選び、設計する事が出来ます。
そこで、今回はアキュラホームが手掛ける二世帯住宅の間取りについて調べてみました。

・間取り1:二世帯同居の家木造軸組構法2階建て延べ床面積141.60㎡

こちらの住宅は二世帯が完全に分離して生活することを前提とした住宅プランです。
お互いのホールを行き来できるように扉が付いています。
1階と二回に分かれて各世帯が生活し、基本的には共有する部分はありません。
しかし、いざというときにはお互いのフロアを行き来できるようになっています。
フロアで分けているため、バスやキッチンも広く作る事が出来て、生活スペースを圧迫することもありません。

間取りの参考例-二世帯同居の家-注文住宅のアキュラホーム
アキュラホームの注文住宅は「長期優良住宅」。お客様が描いているプランやご要望にお応えしつつ、1000万円台から家を建てることが可能!二世帯同居の家「参考間取り」をご紹介。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

アキュラホーム
フォローする
住まいハック