アキュラホームの耐震性能はどうなの?

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

アキュラホームの耐震性能はどうなの?

近年日本では大きな自然災害が多発しています。
最近起きた例だと2011年の東日本大震災と2016年の熊本大地震が記憶に新しいと思います。
これら以外にも大きな自然災害は多発しており、規模も年々大きくなっているような印象を受けます。

そこでこれからの家に求められる性能は、「地震の揺れに耐える家」です。
アキュラホームは中堅価格住宅メーカーとして比較的リーズナブルな価格で商品展開をしています。
施主の皆様にとってはマイホームが安く手に入ればいう事は無いですよね?
しかし、安ければ品質が低くても良いというわけではないと思います。

アキュラホームではこれまでに起きた災害に関する自社住宅の倒壊件数等を公表していないようです。
これからおうちを購入しようと考えている方にとってはこの数値はぜひ公表してほしい所ですよね?

しかし、耐震実験は自社にて行っているようで、テスト結果も公表しています。
主に国内で起きた大きな地震を再現した耐震テストとこれから起きると言われている大地震を想定したテストです。

以上のように住宅を買う際のメーカーの耐震へのこだわりはとても重要なポイントなのです。
ここからはアキュラホームがどのような工夫を凝らして丈夫な家づくりをしているのかをご紹介いたします。

・ストロングウォール耐震等級3

アキュラホームが住宅の壁に採用しているのは東京大学と共に開発した「ストロングウォール」です。
高強度・高耐力を誇るストロングウォールは耐力特性に応じて組み込む場所を変えて力を発揮する壁です。
国土交通省からも認定を受けた耐力壁で、壁倍率は従来に壁の4.5倍と言われています。

・ホールダウン金物

耐震性を高めているのはストロングウォールだけではありません。
強風や地震から住宅を守ってくれるホールダウン金物の存在も大きいのです。
柱と床をガッチリとつないで揺れに強い家を造る金物です。
検査をクリアし、品質・性能がともに認められたものだけが流通します。

・トリプルストロング床

アキュラホームの住宅の床は梁と合板を接着した剛床構造「トリプルストロング床」を採用しています。
地震の横揺れのエネルギーを面でとらえて受け止め、分散させる機能をもっています。

・耐震実験

アキュラホームでは2018年3月に大林組の研究所にて実際に住宅を使った耐震実験を行っています。
今まで日本で起きた大きな地震(東北大震災や熊本大地震)、これから起きると言われている南海トラフや首都直下型の地震をシミュレートしたものです。
連続10階の実験でアキュラホームの住宅は構造上も内装にも損傷なく高い耐震性能がある事を証明しています。
実験に使った家屋は特別な物ではなく、通常アキュラホームが建てている一般的なものを使用しているようです。
この耐震実験の結果をWebサイトにて掲載しています。

これらの企業努力があって、耐震強度3を実現しているのです。

アキュラホームの地震への影響、評判は?

アキュラホームの地震に関する情報を集めてみましたのでご紹介いたします。

評判1:東日本大震災でも無事だった我が家

東日本の被害があった地域に住んでいました。
地震はかなり大きいもので、我が家も大きく揺れました。
ですが、倒壊せず家が無事だったのは本当に安心しました。

評判2:多くの耐震実験を行っている安心感

アキュラホームは耐震実験を行って自社の住宅の安全性を公表しています。
今まで起きた地震での倒壊数等に関しては公表していませんが、こういった実験の結果を公表している点は評価できます。
向こう30年以内に起きると言われている南海トラフ地震や首都直下型地震の想定震度での実験も行っており、その揺れにも耐えることが証明されています。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

アキュラホーム
フォローする
住まいハック