アイフルホームの平屋の評判は?坪単価や間取り図など解説!

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

アイフルホームの平屋の特徴、評判は?

木造在来軸組工法を得意として住宅を販売しているアイフルホーム。
フランチャイズ展開がうまい企業としても知られ、全国に200以上の加盟店舗を持っています。
アイフルホームはローコストハウスメーカーとしても有名で人気が高まっています。
常に新しい商品を開発している企業で、各デザイン賞を受賞した商品も展開しています。

近年、平屋住宅のニーズは高まりを見せています。
理由としては、老後の安全な住まいを求めている点が挙げられます。
複層階住宅にはない平屋住宅のメリットが存在するのもニーズ増加の要因です。

ワンフロアで完結する平屋住宅は家族の存在を感じながら過ごすことができる住宅でもあります。

・アイフルホームの平屋の評判

アイフルホームでは「AYA」と言われる平屋住宅プランを販売しています。
AYAはミライリッチの家づくりをコンセプトに商品を展開しています。
家族のつながりや自然とのつながりを大事にし、時間を豊かに使える空間です。

AYA老後の人生を豊かに暮らすための工夫が凝らされています。
玄関にはゆるいスロープを造り、足腰が弱ったり車イスになっても問題なく出入りができるように。
家の各所には手すりを取り付けて転倒のリスクを少なくしています。
子供にも優しい設計が随所に盛り込まれており、キッズデザインとユニバーサルデザインを合致させた今、求められている住宅のカタチです。

AYAは自由設計の住宅プランです。
施主のこだわりや想いを形にする事が出来るため、納得のいく家づくりをする事が出来ます。
実例をもとにプランを練ることもできるので、住宅を買うのが初めての人にも優しいのです。

アイフルホームの平屋の価格・坪単価は?

アイフルホームは創業から30年余と住宅メーカーの中では中堅と言えます。
しかし、この30年の営業でフランチャイズ店舗数を200店以上に伸ばした実績があります。
大手住宅建材、設備機器メーカーであるLIXILの傘下として営業をしており、品質の高さを保証しています。

ローコストハウスメーカーとして有名なアイフルホーム。
品質の良い住宅を安く提供することを徹底して行ってきました。

平屋住宅は複層階住宅に比べて価格が高くなる傾向にあります。
理由としては土地の大きさはもちろん住宅自体の延べ床面積が大きくなるからです。
土地も2.3階建てに比べ大きなものが必要になりますので、そこでも金額が少し上がります。

アイフルホームの平屋住宅の平均的な坪単価はは40万円ほどです。
大手住宅メーカーの坪単価が60~80万円程度ですので、半額ほどで手に入るのは大きな魅力と言えます。
住宅品質に関して言えば、ローコストメーカーは安いけどものが良くないという印象を受けると思います。
しかし、LIXIL傘下のアイフルホームではそのような心配はなく、品質も高いことで知られています。

アイフルホームの平屋の間取り図

先ほどもお話ししましたように平屋住宅は複層階住宅に比べ建坪が多く必要になる場合が多いです。
土地にかかる金額は大きくなりますがデメリットばかりではありません。
複層階住宅では造りえない大開口や解放空間を創り出すことが可能なのです。
せっかくなら無駄なく広くおうちを造りたいですよね。

そこで、アエラホームの平屋住宅の間取りについて調べてみました。
間取りづくりのご参考になりましたら幸いです。

・間取り例1:4LDK30坪

アイフルホームのAYAコンセプトプランです。
子育て世代の暮らしをコンセプトに将来性も考えられた住宅です。
玄関を通り家に入ると広いLDKが見えてきます。
天井高を高く取ったリビングは開放感があり、日の光もしっかり取り入れてくれます。
寝室として使える洋室が計3室と和室が一つあり、家族数人で生活するのにピッタリな間取りです。
玄関にはシュークロークが設計してあり、収納に関しては問題ありません。
子供がのびのびと健やかに育つ家づくりを促進する住宅です。

【SUUMO】僕たちは「リビング大好き」主義! 家族の距離がグンと縮まる平屋の家-アイフルホームの建築実例詳細 | 注文住宅
アイフルホーム/の建築実例詳細ページです。SUUMO(スーモ)注文住宅は、建築実例や商品紹介など、アイフルホーム関連の詳細な情報で、注文住宅の家づくりをサポートします。

・間取り例2:3LDK43坪

広く取られたLDKは生活の中心として使えるように設計されています。
リビングからデッキへと直通で出る事ができ、寝室へのアクセスも可能です。
京間づくりの和室も完備しており、リラックスルームとしての利用もできます。
ベッドルームとして利用できる洋室は2室。
いずれもリビングから直通できるので生活導線を考えられています。
収納に関しては、主寝室に大きなウォークインがあり、たっぷり物をしまう事が出来ます。
和室にも押入れがあり、布団等はこちらにしまう事が出来そうです。

http://kaz819.sakura.ne.jp/sblo_files/hiraya-madori21/image/eyeful04.jpg

・間取り例3:1LDK

この間取りは大きく2つのエリアに区分されています。
1つは主にLDKの生活空間です。
キッチンは3.7畳あり、作業スペースとしては十分な広さです。
リビングダイニングも空間を広く生かして設計しており、くつろげる空間プランニングがなされています。
もう一つは寝室を中心とする居室スペースです。
LDからドアで行き来できるようになっています。
寝室から洗面室へは直通できるようになっていて、動線確保がなされています。

アイフルホーム平屋の間取り、これは快適  | 住宅購入体験談ブログ
アイフルホーム平屋の間取りが気になる方は、いるでしょうか? アイフルホームの平屋は、坪単価40万後半とリーズナブルですが、注文住宅ですので間取りは自由に設計が可能です。 平屋の間取りの魅力として、最大のポイントは階段がなくてワンフロアな間取りです。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

アイフルホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック