アイフルホームの耐震性能はどうなの?

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

アイフルホームの耐震性能はどうなの?

ここ数年、大きな地震が相次いで日本を直撃しています。
記憶に新しいのは2016年に起きた熊本自身と2011年の東北大震災です。
以降30年のあいだに同じかそれよりも大きな災害が来る可能性は90%とも言われています。
これからの住宅に求められている機能は、いかに壊れないかという事です。

アイフルホームではこれまで国内で起きた大きな地震のデータをもとに耐震技術を研究してきました。
常に倒壊リスクを考えて壊れない家を目指して住宅造りをしています。
実績として、阪神淡路大震災での住宅倒壊数はゼロ件とその耐震は確実なものです。
ですが、ここ数年の地震に関する倒壊件数等は出ていないのでこちらについても記載して欲しい所です。

ローコスト住宅の不安面として安いからこその安全性の有無です。
価格が安ければ家が壊れやすくても良いとはなりませんよね?
アイフルホームの住宅はそんなイメージを払しょくするべく耐震強度にこだわっているのです。

以上のように住宅を買う際のメーカーの耐震へのこだわりはとても重要なポイントなのです。
ここからはアイフルホームがどのような工夫を凝らして丈夫な家づくりをしているのかをご紹介いたします。

・木造軸組在来工法耐震設計耐震等級3

アイフルホームが得意としている建築は木造在来工法です。
従来、在来工法は地震に弱い建築とされてきました。
しかしアイフルホームでは住宅設計時に構造設計ができるソフトを使って設計します。
壁の量や配置を綿密に計算して地震や揺れに強い住宅を作り上げるのです。
耐震等級3を取得することが可能なので、国に認められた丈夫な住宅である言えます。

・テクノスター金物

アイフルホームでは住宅の骨組みの接合部にテクノスター金物を採用しています。
阪神淡路大震災時に犠牲が出た多くは住宅の倒壊でした。
在来工法の弱点でもあった梁と柱の接合部の脆弱性をカバーし、耐震強度を高めるためにこのテクノスター金物が採用されているのです。
この工法は技術の有無は関係なく高い耐震性能を引出せるのです。
住宅のバランスをきちんと保って倒壊のリスクを最小限まで抑えます。

・高耐力コア

住宅の体力を最大限高めるためにアイフルホームでは高耐力コアを採用しています。
筋違や耐力壁を使用すると間取りの自由が少なる場合があります。
そこでこの高耐力コアをリ評することで最省スペースで耐力を高める事が出来ます。
窓も大きなものを取る事が出来るので、日の光を多く取り入れることもできるのです。
しかもこの高耐力コアを取り入れることで従来の壁倍率の8倍の強度を実現する事が出来るのです。

アイフルホームの地震への影響、評判は?

アエラホームの地震に関する情報を集めていくと評価が二分されていることに気が付きました。
実際の事例や口コミを集めてみましたのでご紹介いたします。

評判1:阪神大震災の大きな揺れに耐えた家

アイフルホームは今まで起きた地震で自社の住宅が倒壊しなかったのかを公表しています。
実際に阪神淡路大震災時にアイフルホームの住宅は倒壊数ゼロとの公表がされています。
アイフルホームは耐震にこだわりを持って住宅造りを行っており、その結果がこのようにあらわされています。

評判2:やはり安心の等級3

アイフルホームの住宅に住んでいますが、買う乳するときにこだわったのは耐震でした。
最近、日本中で大きな地震が起きている中で家を買う事はどうなのかなと思っていました。
しかし、アイフルホームの住宅は安いうえに耐震性も高いとのことで購入を決意しました。
耐震等級は3で大きな地震に耐えた実績もあると聞いて安心しました。
耐震等級を上げるためにはそれなりの金額がかかってしまいますが、満足しています。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

アイフルホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック