フィアスホームの評判は?口コミから見るメリットとデメリット

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

フィアスホームの特徴は?

フィアスホームはLIXILのグループ会社で木造住宅の高気密、高断熱の家で省エネ性が優れているとされ、ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリックという大賞を受賞しています。高気密、高断熱の家として賞を受賞していますが工法としては木造軸組工法とパネル工法を組み合わせた工法を採用しています。木造軸組工法は柱を建て、梁などを通して建物の枠を作りそこに外壁などを張っていきますが、フィアスホームは壁の部分が高性能の断熱材を入れたパネル式になっています。それを柱に嵌め込んでいき、そうすることで現場でのコストが少なく、パネル式ですので隙間がなく、高気密の建物になります。そして、地窓、高窓に3Dウィンドウを採用して空気循環器に頼らず自然の風を活かしています。そのため室内に涼しい風が取り込みやすく、外壁との間の風も取り込めるので室内の空気をクリーンに夏は自然の風を利用し涼しく、冬は高断熱の家で暖かい建物ができます。

画像は3Dウィンドウになります。この窓により建物で受ける風が取り込みやすく、夏は夜風が涼しいためエアコンを使う事も少なくすることができ、地窓から高窓へ風が抜けれるため自然の力で建物全体の空気を循環させてくれます。室内や壁内の結露の心配もなく、空気循環器に頼らず、故障するリスクもないため電気代もかからない省エネに特化したメーカーになります。

フィアスホームの口コミはどう?

診断書も出してくれるので他のメーカーにはないサービスが良かった。
フィアスホームは光熱費や家の性能などを診断書にまとめて出してくれます。他のメーカーにはないサービスで、これからの生活のことを考えるととても参考になりました。建物も省エネ性能が高く暮らしやすい家を購入できたと思います。

年を取って平屋の家を建て、様々な提案をしてもらった。
フィアスホームは平屋の家の実績が多く、年を取ってからの家の提案をいろいろしてもらいました。平屋で年を取ってもバリアフリーで負担が少なく、家にいる時間が長くても居心地のいい空間作りができました。見積もりの段階で将来設計と間取りとライフスタイルを伝えることで理想に近い家ができたと思います。

耐震性能が高い。
今の時代は耐震性が高い住宅が大切だと思いました。フィアスホームは木造軸組工法とパネル工法のダブル取りで地震に強く、頑丈で粘り強い工法になっています。ベタ基礎も採用していますが基礎の中に鉄筋棒をさらに多くいれているので基礎も建物もかなりの強度を持っていると思います。そのような作りから安心して生活できています。

防湿性能が高い。
3Dウインドウで室内や壁内の空気が循環し、湿気がたまらずクリーンな空気を取り込みやすく室内を居心地のいい空間にしてくれます。特に結露は建物にとって大敵になりますのでその対策がしっかりとされていると思います。

保証がしっかりしている。
瑕疵保証や完成保証などフィアスホーム独自の保証があります。メンテナンスや定期的な連絡も来るので何か不具合があっても安心して生活できます。連絡してすぐに対応してくれるのでその点も安心できます。

フィアスホームのメリットは?

3Dウインドウで除湿性能の高さ。
除湿性能が高く建物の大敵である湿気を取り除きやすく、なおかつ夏場はその風を利用し室内に風を取り込み涼しい風に当たることができます。特に夜風は涼しいため夜にエアコンを使う機会が減ります。高断熱パネルを採用しているため気密力が高く冬は暖房器具の熱が逃げにくい仕様になっています。3Dウインドウで換気もしやすく、夏も冬も省エネ効果が高いです。

保証が充実。
瑕疵保証や完成保証があるので長期的にメンテナンスなどを行ってくれたりとアフターサービスが充実しています。やはり長く、居心地のいい住まいに住みたいというのが多くの人が求めるところだと思います。ですが長く住み続けるには適度にメンテナンスをしていく必要があります。また、予想外な不具合があっても対応できますのでこのようなアフターサービスがあるのはとても安心できるメリットだと思います。

フィアスホームのデメリットは?

フィアスホームはゴーイングホーム、ブライトホーム、ワンダーホームが統合してLIXILのグループ会社になりました。通常はモデルハウスで打ち合わせをしたりしますがフィアスホームは加盟店である工務店を通して建物を建てていきます。そのため加盟店は全国各地にあり、お世話になっているところが倒産しても他の加盟店があるので対応できます。フィアスホームは満足度が全体的に高いですが加盟店とのやり取り、相性が合わないなどの口コミがありました。加盟店が多いのでもちろん出てくるデメリットでもあります。その場合は違う加盟店に行ったりと相性のいい店を探せば対応できるのでそれで対処できます。フィアスホームで建てるというのが確定しているのであればマイホームを建てる上で打ち合わせをしていく相手になりますので相性は大切になります。慎重に選びましょう。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

フィアスホーム
フォローする
住まいハック