フィアスホームの二世帯の評判は?坪単価や間取り図などを解説!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

フィアスホームの二世帯の特徴、評判は?

フィアスホームの二世帯住宅は融合二世帯、部分共有二世帯、独立二世帯の三パターンに分けられています。融合二世帯は家族の絆を重視することをコンセプトにすべてを共有にしています。このパターンは気を使うことが多く気疲れしてしまう方もいるかもしれません。ですが、一人になれる空間を作ったりとパートナーと自分の親が仲良くやっていける方にはおすすめなプランになります。部分共有二世帯は一部分を共有にしあとはそれぞれ独立している間取りです。やはりキッチン、浴室、トイレなどの水回りは親世帯、子世帯どちらも気を使うところです。そこで部分共有型はその水回りの部分を独立させ、玄関とコミュニケーションスペースなど共通の部屋を設けるなどの良いとこ取りができます。そばにいるので頼るべき時頼ることができ、気を使うことが少ないのでストレスを最小限にし過ごすことができます。独立二世帯型はキッチン、浴室、トイレ、玄関を全て独立させる住宅になります。同じ建物でも全てが独立しているので気兼ねなく生活することが可能です。一階、二階で別けてしまうパターンや縦で分けるパターンなど様々な独立の仕方がありますが、そうすることにより近くにいるけど気兼ねなく、子供がいて共働きでも親世帯の方に学校から帰らせることができます。そうすることで心配も減り、塾などがあっても親世帯の協力があればスムーズにできます。独立二世帯型はこのように気兼ねなく、安心した生活が送れますが全てを独立させるのでもちろんコストが高くなります。

フィアスホームの二世帯の坪単価は?

フィアスホームの二世帯の商品でアリエッタシリーズの「アリエッタNS」をおすすめしています。アリエッタNSの坪単価は60万~になっています。この坪単価もやはり見積もりや間取りで変動します。例えば融合二世帯型は部屋数は多くなるだけでキッチン、浴室、トイレも共通になりますので値段も安くなります。逆に独立二世帯型ですと全てが独立ですのでキッチン、浴室、トイレも二倍の金額がかかります。気兼ねなく生活ができますが、そのぶんお金がかかります。金額的に考えるのであれば部分共有型でどの部分を独立にし、どの部分を共通にするかを考えていけば最小限度の金額で二世帯を建てることができます。金額の面で見ると部分共有二世帯で必要な部分を独立させ、玄関などお互いが無理のない部分を共有にするなど融通をきかすことができるので独立二世帯型より金額的にも抑えられ、融合二世帯より気兼ねなく過ごせるのでおすすめになります。

フィアスホームの二世帯の間取りは?

5LDK、60坪、二階建て
融合二世帯になります。リビングが広く居間が二つあります。一室は客間でもう一室は親世帯の寝室になります。落ち着ける空間がありLDKが広いので子供にも目が届きやすく、親世帯と協力して子育てができます。二階に上がるとそれぞれの部屋に別れているので子世帯の時間を作ることができ、庭が広いためバーベキューや庭の手入れなど家族の時間を持ちやすいです。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

フィアスホーム
フォローする
住まいハック