フィアスホームの耐震性能はどうなの?

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

フィアスホームの耐震性能はどうなの?

フィアスホームのは木造軸組工法とeパネルで耐震性能は非常に高く設計されています。木造軸組工法で柱を建てて筋交でしっかりと柱を固定させます。

上の左側の画像のように柱を建てて、筋交をして建物をしっかりと固定し、他にも木材を何本も通していくことで耐震性はもちろん、建物が安定してきます。フィアスホームはさらにeパネルといい、構造用パネルと断熱材が合体したもので、それを柱に張り付けていきます。そうすることで内部は断熱性、気密性を高めると同時に、外部は柱がさらに固定され、隙間をなくすことで建物を固くし、耐震力を高く保つことができます。また、床にも構造用パネルを直接打ち付けますので壁だけではなく、床もしっかり固定させ建物がねじれたり、歪んだりすることを防いでいます。

上の画像は柱と梁の接合部です。接合部は金物を使用しているので、木材の破損を防ぎ、使用している木材も強度が高いものを使用しているので建物の軸になる骨組みにも力をいれています。画像にありますように木材も木材を直接止めるようなことはせず、金物を使用し止めますので衝撃を分散し木材への衝撃を和らげています。木材と木材を直接止めますと地震が発生したときに接合部に衝撃が集中しますのでその衝撃で木材が割れる可能性があります。そのためこの金物で接合させるのはその衝撃を分散させ木材への負担も減らすことができます。

上の画像は基礎の断面図です。地震に強い家は基礎がしっかりしていないと成り立ちません。フィアスホームはベタ基礎を採用していますので地震に強いものになっています。布基礎だと壁のある部分にしか基礎がこないのでひび割れなどが発生しましたが、ベタ基礎だと基礎全体で建物を支えるためより安定したものになります。さらに基礎となるコンクリートの内部には鉄筋棒をいれてそれを骨組みにし固定させますが、フィアスホームのベタ基礎は鉄筋棒は、多く、隅々までいれていますのでより強固で安定した基礎になります。

このような点からフィアスホームの耐震性は非常に高く耐震等級3になっており、強い地震にも絶えられる耐震実験もクリアしているので耐震について非常に力をいれています。

フィアスホームの地震への影響、評判は?

ベタ基礎がやはり安心
ベタ基礎ですので建物を支えられ、その基礎も鉄筋棒で支えているため非常に安心できると思いました。他社メーカーですとヒビが入ったというところもあり不安でしたがフィアスホームは基礎の評判がよく安心できると思いました。

建物全体を構造用パネルでおおうことで地震に強いと感じた。
一階や二階の床や壁を構造用合板で張り付けて固定させることにビックリしました。完全に柱が固定され動きようがないと思います。建物をより固くつよい印象が受けれました。最近は耐震について特に気を付けなければならないので安心できます。

耐震保証が安心
建物が地震で全壊しても立て替え費用を全額、または一部負担してくれるものです。10年が期限ですがこのような保証があると大きい震災があっても安心して暮らすことができます。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

フィアスホーム
フォローする
住まいハック