富士住建の耐震性能はどうなの?

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

富士住建の耐震性能はどうなの?

近年、日本では大きな自然災害が頻発しています。
最近起きた例だと2011年の東日本大震災と2016年の熊本大地震が記憶に新しいと思います。
これら以外にも大きな自然災害は多発しており、規模も年々大きくなっているような印象を受けます。

そこで、これからの住宅に求められる性能は地震に強いことです。
富士住建は低価格住宅メーカーとして比較的リーズナブルな価格で商品展開をしています。
家を買いたい人にとって安くマイホームが手に入れば言う事なしといった感じですよね!
しかし、安ければ品質が低くても良いというわけではないと思います。

富士住建では、これまで国内で起きた地震の際の住宅倒壊の件数等に関しては公表していないようです。
これからマイホームを購入したいと考えている皆さんにとって、こういった数値はとても気になるところですよね?

しかし、富士住建では自社で住宅の耐震実験を行っているようです。
主に国内で起きた大きな地震を再現したもので、その地震波を連続5回与えて耐震性を図るテストです。
このテストによって富士住建の住宅が地震に強いことが証明されました。

以上のように住宅を買う際のメーカーの耐震へのこだわりはとても重要なポイントなのです。
ここからは富士住建がどのような工夫を凝らして丈夫な家づくりをしているのかをご紹介いたします。

・モノコック構造耐震等級3

従来の住宅構造は地震の揺れが1点に集中するため使いのリスクが大きくありました。
建物のねじれやゆがみによって住宅倒壊が発生していました。
しかし、富士住建では点ではなく面で地震の揺れエネルギーを分散させるモノコック構造を採用しています。
6面体を1つの空間として設計されたモノコック構造は、地震に強い構造体と言えます。

・ハイべストウッド

耐震性を高めているのは構造だけではありません。
富士住建が耐震性を高めるために採用しているのが「ハイべストウッド」という壁材です。
無垢の木材ではなく、間伐材や廃材を細かくして一枚のボードに成形しなおしたものです。
地震等の揺れエネルギーや水濡れに対してとても強く、丈夫な素材です。
この部材を使用して耐震テストでの住宅の強さを引出したのです。
このハイべストウッドも富士住建の耐震等級3の要因です。

・ベタ基礎

富士住建では高級住宅と同じようなコンクリート基礎を採用しています。
従来、木造住宅は布基礎という柱部分からの力を受け止める基礎が多く採用されていました。
しかし、富士住建では柱部分だけでなく基礎全体で揺れの力を受け止めるベタ基礎を採用しました。
この基礎によって、住宅の耐震性は格段に向上して地震に強く倒壊しない家を実現したのです。

・コーナーハンチ

柱が乗った基礎の出隅は力がかかりやすく、壊れたときには深刻な自体に陥ります。
そこで富士住建は出隅の基礎にコーナーハンチングという出隅補強を施したものを施工しています。
このコーナーハンチングによって出隅をしっかり補強して住宅を基礎からしっかりと支えます。
一般的なベタ基礎よりも構造耐力の高い基礎です。

・耐震実験

富士住建では国内で過去に起きた大地震を再現した耐震テストを行っています。
ハイべストウッドを使用した商品と同じ住宅を使ってテストした結果、倒壊せず木材や金物への損傷もありませんでした。
このテストで前述した性能と共に耐震性の強さを証明しました。

これらの企業努力があって、耐震強度3を実現しているのです。

富士住建の地震への影響、評判は?

富士住建の地震に関する情報を集めてみましたのでご紹介いたします。

評判1:価格と比例しないほどの耐震性能

富士住建の魅力は何と言っても安く良い家が建てられるという事です。
価格は大手よりも安く、標準装備は大手と同等かそれ以上。
それに加えて耐震性能も高いと聞き、何でもそろった住宅メーカーだなと感じました。
日本で過去に起きた大きな地震を再現した耐震テストを行っているようで、倒壊の危険性も低いようです。
価格面でも性能面でもかなり評価の高いメーカーだという印象です。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

富士住建
フォローする
住まいハック