メープルホームズの二世帯の評判は?坪単価や間取り図など解説!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

メープルホームズの二世帯の特徴・評判は?

昨今、二世帯住宅の需要は大きくなり続けています。
その要因には、高齢化社会と若年層の賃金低下の2つがあると言われています。

従来まではお年を召した方が老後の不安を考えて二世帯同居を望むという形が多くみられました。
しかし、現在ではマイホームを買いたい若年層が、二世帯住宅を買う事で親世帯と共に購入金額を工面するという方法が取られているようです。

二世帯住宅には大きく2つのメリットがあります。
1つは先述しました通り、両世帯がお金を出し合って購入できる点。
もう一つは祖父母とお孫さんの間で密なコミュニケーションを取る事が出来る点です。

また、二世帯住宅には相続に関するメリットも存在します。
同居の定義「玄関が1つ・住宅内部で行き来ができる・世帯ごとに区分されていない」の3つを守ることで相続税の減免措置を受けることが可能となります。

一方、二世帯同居にはデメリットもいくつか存在します。
子世帯の中には外に働きに出ている方も多いと思います。
親世帯との生活時間にずれが生じて、トラブルに発展するケースが増えているのです。

現代の同居に必要とされているのは互いに良い距離感で過ごすことのできる二世帯住宅です。
今回はメープルホームズが手掛けている二世帯住宅をご紹介いたします。

メープルホームズの二世帯の坪単価は?

メープルホームズでは「お洒落な三階建て」という二世帯住宅プランを販売しています。
お洒落な三階建ては二世帯専用のプランではなく、単世帯用にもプランニングする事が出来る住宅です。

メープルホームズのお洒落な三階建てはリノベーションが簡単にできることを売りにしています。
最初は単世帯で購入しても途中から二世帯住宅へ、または店舗を伴った住宅へと変更させていく事が出来るのです。
間取りの変更が簡単にできるという事で、資産活用という面においても潤滑に活用していける様です。

メープルホームズの二世帯住宅は玄関を共有しながら生活エリアは分離する部分共有スタイルが想定されています。
玄関のみを共有して、水回りやリビング・ダイニング等ほとんどをフロア別に分けることで生活自体は分離して考える事が出来ます。
基本的にすべてのスペースが分離されていますが、何かあった時に近くにいるという安心感は大きいですよね。

デザインに関して言えば、いくつか用意されたプランから選んで施工する事が出来ます。
パリのアパルトマン風やレンガを用いた外壁など、時間がたっても美しさが衰えないデザインを採用しています。
住宅として利用が終わった後を見据えて賃貸にリノベーションしても使っていけるようなデザインとなっています。

価格に関して言えば、メープルホームズはやや高級路線で住宅販売をしているメーカーです。
二世帯住宅を購入するときの価格は坪単価で65~75万円ほどと言われています。
中堅メーカーといった印象の価格ですが、住宅の性能は価格以上と評判です。

メープルホームズの二世帯の間取り図は?

メープルホームズではお洒落な三階建てが用意されているとお話ししました。
実際にどんな間取りの二世帯住宅を販売しているのか調べてみました。

・間取り1:お洒落な三階建て

二世帯専用プランは玄関を共有する設計が施されています。
1階は主に親世帯のフロアとなっており、広めのリビングと分離してダイニングキッチンがあります。
バス・キッチン・トイレ・洗面もすべて親世帯専用のものがあるので、子世帯に気を使うことなくご使用いただけます。
2・3は主に子世帯のフロアとしてプランニングされています。
2階は家族の共有フロアで、リビングダイニングキッチンの他に水回りがすべて一か所に集まっています。
3階に上がるとそこは寝室フロアです。
主寝室が一間と子供用の部屋として使える洋室が二間。
概ね各世帯がお互いを気にすることなく暮らしていける現代的な二世帯住宅です。

http://www.maplehomes.co.jp/design/3story/index4.html

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

メープルホームズ
フォローする
住まいハック