メープルホームズの耐震性能はどうなの?

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

メープルホームズの耐震性能はどうなの?

日本ではここ数年大きな地震が多発していました。
最近起きた例だと2011年の東日本大震災と2016年の熊本大地震が記憶に新しいと思います。
1994年の阪神淡路大震災に始まり、大きな地震のたびに多くの家が倒壊し、沢山の方がけがをしたり亡くなったりしてしまいました。
また、今後30年で今までよりも大きな地震が起きる可能性が非常に高いと言われています。

そこでこれからの住宅に求められる機能は「地震に耐える力」です。
メープルホームズは輸入住宅を販売しているメーカーですが、住宅性能には定評があります。
住宅を買うに当たって価格の安さや設備の充実性が求められがちです。
しかし、一番重要なのは外観でも内装でもなく住宅の性能なのです。

メープルホームズはこれまでの地震で自社の住宅がどれだけの被害を受けたのかを公表していないようです。
耐震性・制振性の高い住宅を造っていると公式サイトに書いてありますが、細かな情報を公表していないようです。
こういった情報を公表してくれることでメーカーへの安心感につながり、購買意欲の情報に繋がりますよね。

以上のように住宅を買う際のメーカーの耐震へのこだわりはとても重要なポイントなのです。
ここからはメープルホームズがどのような工夫を凝らして丈夫な家づくりをしているのかをご紹介いたします。

・2×4工法耐震等級2

メープルホームズは木造パネル構法2×4を得意として家づくりをしています。
海外で生まれたパネル構法を日本に持ち込んで、地震に強い住宅を販売しているのです。
各居室を面で構成することで揺れや捻じれに強く、国内でも多くのメーカーに採用されている構造です。
在来工法と比べても耐震性に定評があるため、人気は高まりを見せています。

・耐震等級2

住宅の耐震性能は「耐震等級」という指標で表されます。
1~3の数値で定義され、最高等級は3です。
多くのメーカーではこの耐震等級を公表することで住宅の安全性を示し、顧客獲得につなげています。
メープルホームズも耐震性に力を入れているように見受けられますが、肝心の耐震等級に関する記述が見当たりません。
一部ではメープルホームズの耐震等級は2程度だと言われています。
基準とされているのは耐震等級1で、2は1の1.25倍の耐震性を持っている計算になります。
自社で耐震等級を公表しないというのは良いことではないように感じます。
メーカーに直接問い合わせることで回答を得られる場合がありますので、相談してみるのも手です。

メープルホームズの地震への影響、評判は?

メープルホームズの地震に関する情報を集めてみましたのでご紹介いたします。

評判1:地震への取り組みは確か

メープルホームズは輸入住宅で有名な住宅メーカーです。
有名な商品には赤毛のアンの家やニューヨークスタイルなど、おしゃれな外観のものが多く人気の高いメーカーです。
そんなメープルホームズの地震への取り組みはきちんとしており、2×4工法を用いることで揺れに強い家を造ることに成功しているようです。
今では日本でもポピュラーな構造である2×4ですが、多くのメーカーが取り入れていることから、その耐震性は確かなものです。
日本古来の建築法であった在来木軸工法よりも地震の揺れに強いという事で需要の高まりを見せています。

評判2:耐震等級を公表していない不安

多くの住宅メーカーは自社の住宅商品がどれくらいの地震に耐えられるのかを耐震等級を以て公表しています。
この数値がメーカーへの安心感にもつながるのですが、メープルホームズではこの耐震等級を公表していないようです。
メープルホームズが作る家の外観はとても素晴らしく、海外のインテリアや住宅が好きな方にはたまらないデザインが施されています。
そのため、地震への強さがわかればもっと魅力的なメーカーになるのに、、、と少し残念です。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

メープルホームズ
フォローする
住まいハック