三菱地所ホームの二世帯の評判は?坪単価や間取り図など解説!

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

三菱地所ホームの二世帯の特徴・評判は?

近年、二世帯住宅のニーズが高まっています。
理由として挙げられるものに、親世代の老齢化と家屋の老朽化があります。
子世代にも要因があり、賃金の低下や子育てのしにくさなどが挙げられます。
子世代にとっても親世代にとっても同居を望む声が大きくなってきているのです。

また、二世帯住宅には相続に関するメリットも存在します。
同居の定義「玄関が1つ・住宅内部で行き来ができる・世帯ごとに区分されていない」の3つを守ることで相続税の減免措置を受けることが可能となります。

一方、二世帯同居にはデメリットも存在します。
多く聞かれることに生活時間の違いからくる双方のギクシャク・ストレスです。
同居を始めたときの各世帯の仕事状況は家庭によって異なりますが、夜家に帰ってくる時間から料理の時間、入浴と生活すべての時間が違ってくるのです。
また、お互いのプライバシー保護が不十分になりがちな部分も同居に対して否定的な意見として上がります。
これらの要因が引き金となり早々に同居を解消したいという声が上がるのです。

そこで、必要となるポイントが付かず離れず、「良い距離感」です。
今回は三菱地所ホームが手掛けている二世帯住宅をご紹介いたします。

三菱地所ホームの二世帯の坪単価は?

三菱地所ホームでは二世帯専用住宅プランは販売していません。
ですが三菱地所ホームが提供している「ONE ORDER」というプランは完全自由設計フルオーダーで、二世帯住宅にも対応しています。
大手住宅メーカーには自由設計プランが用意されていることが多いですが、実は完全自由設計というのは少ないのです。
ほとんどのメーカーでは住宅自体の構造が決まっていて中の間取りに手を加えられる程度のものです。
しかし、三菱地所ホームでは建物の構造から間取り、設備まで全て施主の要望を伝えて一緒に造っていくことができるのです。
二世帯住宅設計プランがいくつか存在していますのでご紹介いたします。

価格に関して言えば、三菱地所ホームは高級ハウスメーカーとして知られています。
大手住宅メーカーで二世帯住宅を買おうと考えると坪単価は80~90万円が相場と言われています。
マイホームを買うという事は大きな買い物です。
三菱グループの総合力・高い品質は大きなメリットと言えると思います。

先ほどお話しした二世帯住宅設計プランは2つあります。

・部分共有型
住まいの一部を両家庭で共有するプランです。
玄関や水廻り、リビングなどを共有することで家族のつながりを持ちつつプライベート空間を持てるプランです。
家族の顔をみながら生活する事が出来るので、常に家族の動向を確認することが可能です。

・分離型
玄関から住宅全てを分離するプランです。
水回りやLDまで全て分離されているのでプライバシーの確保がされます。
しかし、デメリットもあり各室の広さを十分広く取る事が出来ません。

二世帯住宅に求められるポイントとして各世帯の距離感が挙げられます。
これらのプランを選んで二世帯間の距離感や生活リズムに応じて造る事をおすすめします。

三菱地所ホームの二世帯の間取り図は?

・間取り1:木造パネル構法3階建て

こちらの物件は玄関と水回り、リビングダイニングを共有している二世帯住宅プランです。
キッチンは数人で同時にお料理ができるようにとても広く作られています。
二世帯がふるって料理を楽しむことができる、そんな住宅です。
リビングダイニングも広く作られていて、家族みんなで食卓を囲むことができるのも魅力です。
1階と2階に各世帯の居室があり、プライバシーは守られています。
3階に上がると小屋裏収納が設計されています。
1つの居室として使う事も、物置として使う事も出します。

https://kshouse.exblog.jp/iv/detail/?s=9894289&i=200810%2F09%2F25%2Fc0178625_21562484.jpg

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

三菱地所ホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック