三菱地所ホームのQ値・C値は?快適性や電気代など調べました!

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

三菱地所ホームの快適性は?

住宅を買うという事は大きな決断を下すという事であり、大きなお買い物です。

せっかく購入するマイホームならば、デザインや間取り・仕上がりの他に住宅の快適性についても考えてみませんか?

住宅にとって大切なポイントに金額やデザインと同じくらい快適性が大事なのです。

見た目にこだわった結果、寒かったり暑かったりと住みづらい家になってしまったら嫌ですよね。

 

一概に快適性と言っても断熱性や気密性、空調の効きなど様々です。

今回は三菱地所ホームが展開している快適性へのこだわりをご紹介いたします。

 

 

・ツーバイネクスト構法

 

ツーバイネクスト構法とは三菱地所ホームが得意としている2×4を独自に進化させた構法です。

主な機能としては従来の木造住宅に比べ耐震強度がとても高くなっています。

そして、このツーバイネクスト構法は断熱等性能等級4を可能にしています。

屋根や壁から入り込む熱を断熱層と通気層でガードする「ハイサーキュレートシステム」を搭載しています。

夏エアコンが効きづらい原因は屋根や壁から入り込む外気の熱です。

これらをシャットアウトすることで空調効率を高める事が出来るのです。

 

・ECOウィンドウシステム

 

家中の空気が逃げる場所は主に窓や玄関です。

締め切っていても隙間があるとそこから冷暖房の空気も逃げてしまうのです。

そこで、このECOウィンドウシステムが採用されました。

複層ガラスで遮熱・断熱性を高めた複層ガラスとアルミ樹脂複合サッシによって作られています。

室内の空調効率を高めてエネルギーロスを最小限にとどめる効果があります。

窓が結露することも防ぎ、快適な室内を保つのです。

 

・換気

 

アイフルホームでは居室内の空気を常に動かし続けるために24時間換気システムを導入しています。

家は住んでいるだけで空気が汚れ、ハウスダストが発生します。

それらを吸い込み続けて生活することで身体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

そういったものを常に新しい空気と入れ替えながら外に排出することできれいな空気で安全に生活ができます。

 

・エアロテック

 

三菱地所ホームが一番押している機能が「エアロテック」です。

これは全館空調システムで一台で家中の空気を管理してくれる高機能設備です。

従来であれば確執にエアコンを設置して部屋ごとに空調を調節していました。

しかし、三菱地所ホームのエアロテックは一台で各居室の吹き出し口から快適な温度の空気を出すのです。

温度調節も各室ごとに設定できるので、とても便利な設備機器です。

 

三菱地所ホームのQ値、断熱性はどう?

 

熱損失係数をQ値と言い、室内から外へ逃げる気温を数値化したものです。

暖房・冷房の効きが良いか悪いかはこのQ値に関わってくるのです。

 

三菱地所ホームのQ値は1.6と発表されています。

次世代省エネ基準で表される関東近県の基準値は2.7です。

これらを踏まえたうえで三菱地所ホームの1.6という値は大幅にクリアした数値と言えます。

この断熱性の高さが、空調の効きをよくし電気代を削減させるのです。

 

三菱地所ホームのC値、気密性はどう?

 

C値とは隙間相当面積を数値化したものです。

数値が小さければ小さいほど、住宅の気密性が高いことを示しています。。

 

三菱地所ホームでは自社で実測した数値を公表しています。

そのC値は2.0です。

現在は気密性に関する発表義務はないようですが、実測数値を公表しているというのは信頼につながるポイントなのではないでしょうか。

また、次世代省エネ基準ではC値は5.0以下に抑えることが目標とされています。

三菱地所ホームの2.0という数値はこの次世代省エネ基準を大きく下回る数字と言え、気密性は十分に高いと考えられます。

 

三菱地所ホームの電気代はどうなの?

 

前項までQ値C値を調べてきました。

ここまでのことを踏まえ、実際に三菱地所ホームの電気代がいくらかかるのかを調べてみました。

 

三菱地所ホームで実際に住んだ時にどれだけの電気代がかかるのかを調べてみたところ、概ね15000円前後との情報がありました。

電気代は各家庭によって高いか安いか変わってきますが、平均的に安くなるようです。

断熱性と気密性を高めてエアロテックを利用することで電気代を安く抑えられているようです。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

三菱地所ホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック