三菱地所ホームの坪単価はいくら?人気3商品の価格を調査!

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

三菱地所ホームの価格や坪単価は?

三菱地所ホームは大手住宅メーカーの中でも価格が比較的高いことで知られています。
三菱グループ唯一のハウスメーカーという事もあり、
使われている部材、デザイン性の高さや高気密高断熱などに力を入れている分、価格が高騰していると思われます。
大手と言われる住宅メーカーの坪単価は平均で80~90万円程度と言われています。

三菱地所ホームも例にもれず坪単価はかなり高額となっているようです。
また、三菱地所ホームの住宅には「エアロテック」という全館空調が備え付けられています。
このエアロテックは標準で装備されているものですが、価格はやはり高くこの分も影響しています。
では、実際に三菱地所ホームではいくらほどで家が建てられるのかを見ていきましょう。

・#1:ORDER GRAN

ORDER GRANは三菱地所ホームが手掛ける住宅の中で最高級に位置する富裕層向け商品です。
岩崎邸を建築したジョサイア・コンドルのスピリットを現代に引き継ぐことをコンセプトにしているようです。
三菱地所ホームの技術力とデザイン力を結集させたこだわりの商品です。
デザインをアストリッド・クラインという有名デザイナーが監修しているという点も他のメーカーには見られない特徴です。
また、施主のこだわりに合わせて専任の特別設計士が付いてくれるのもサービスの一つです。
これらの点からかなりの高額で売られているのも納得です。

・ORDER GRANの価格と坪単価

こちらのORDER GRAN。マーケット対象は富裕層と言われています。
坪単価の目安は100~120万円と公式発表がなされており、かなり高額となっています。
これは標準仕様での金額なのでオプションを付けていくと坪単価200万円にも300万円にもなりうるものです。
大手住宅メーカーの相場が80万円からと言われる中でこの金額は飛び抜けていると感じます。
しかし、最高品質の設備と最高のデザインが施された高級住宅と考えればこの金額も妥当です。

・#2:WIZE-H

こちらはZEH対策が施された高機能住宅です。
構造は2×4の木造パネル構法で造られており、同メーカーの中では少ない規格型住宅なのも人気のポイントです。
全館空調「エアロテック」が搭載されていることでも知られています。
太陽光発電やHEMSを取り入れることによってゼロエネルギー化を促進することができます。
太陽光発電を含めこれらの設備は初期投資に大きなお金がかかりますが、長いスパンで考えたときには決して無駄ではないものです。
時間はかかりますが、売電収入によって得られる収入でペイできるのも魅力です。

・WIZE-Hの価格と坪単価

WIZE-HはSMART ORDERシリーズの住宅です。
SMART ORDERは所謂スマートハウスでZEHや太陽光発電、HEMSを主な目玉としています。
公式発表されている坪単価は70~80万円と大手メーカーの住宅としてはまあまあ相場かなと思われます。
三菱地所ホームの手掛ける商品の中では比較的リーズナブルな価格設定ではありますが、決して安くはありません。
標準設備もそこそこ高いと話題で、追加オプションも少なく十分に生活できるという評価も多いです。
規格住宅という事もあり、間取り的には自由はあまり効きません。
しかし、その分三菱地所ホームの商品の中では安価となっています。

・#3:ONE ORDER

三菱地所ホームが最も得意とするプランがこのONE ORDERです。
三菱地所ホームには商品プランというものは基本的には存在していないため、こちらがノーマルプランとされます。
完全フルオーダーで施主の思うままの住宅が建てられることが大きな人気につながっています。
法規等をクリアしたことが前提ではありますが、「夢の我が家」を造りたいお客様から選ばれ続けています。
大手の他メーカーでも自由設計を売りにしたものはいくつかあります。
しかし、その多くは構造にカタチは決まっていて中の間取りを制約の中で決めることができる程度のものです。
その点、三菱地所ホームでは構造から間取りまで、施主の意見を多く取り入れられるようなサポート体制を取り入れています。

・ONE ORDERの価格と坪単価

三菱地所ホームのONE ORDERの坪単価は80万円~と表記がされています。
ツーバイ構法にエアロテックを組み合わせた同商品は三菱地所ホームの主力商品とも言えます。
標準仕様という概念もなく施主一人ひとりにその数だけのONE ORDERが存在するのです。
オンリーワンのマイホームを造りたい方にはうってつけの商品と言えるでしょう。

三菱地所ホームの価格や坪単価の内訳は?

三菱地所ホームが提供している住宅シリーズ。
ここまではおおむねの坪単価についてご紹介してきました。
しかし、実際に家を建てるときにどれくらいの金額がかかるのかが一番知りたいポイントですよね。
ここでは実際に三菱地所ホームで家を建てた方の見積もりを参考にお話をしていきます。

例)坪数38坪
工事金額4700万円

内訳

・本体工事:3800万円
・オプション:
・全館空調
・太陽光発電
・付帯工事:530万円
・給排水本管接続
・屋外給排水工事
・ガス工事
・仮設工事
・解体工事
・地盤改良工事
・外構工事
・カーテン工事

・経費:350万円

・別途経費:200万円

・値引き:180万円

以上が内訳となります。

・本体工事

本体工事とは、住宅を建築するに当たりかかる資材費、人件費をまとめたものです。
工務店によってはどの資材がいくらなのかを明記する場合もあります。
基礎工事から建て方工事、仕上げ工事までがここに区分されます。
かかる費用のほとんどはこの本体工事です。

・オプション

この項目はお客様によっては見積もりに乗らない部分かもしれません。
省エネ住宅に有効なエネファームや床暖房など付加価値的なものの金額の総額です。

・付帯工事

付帯工事とは本体工事とは別に、設備系工事や駐車場などの外構工事などの総称です。
上水下水の配管工事からガス設備の工事、土地によっては地盤改良が必要な場合もあるのでその金額もこの項目に盛り込まれます。
エクステリアや駐車場、屋内外の照明取付など多岐にわたります。

こちらの住宅は三菱地所ホームのONE ORDERです。
坪単価にして130万円オーバーとかなり高額な住宅です。
しかし、全館空調・太陽光発電・HEMS等高機能設備が充実しています。
自由設計フルオーダーで建てるためにはこれくらいの予算が必要になるという事です。

三菱地所ホームの総額は契約前見積もりと差が出る?

三菱地所ホームの商品は基本的に高額です。
他メーカーと比べてもその差は圧倒的で、高級住宅メーカーとして認知されています。
見積もりからの値引きに関してはほとんどしていないようです。
期間限定サービスで設備機器の値引き等はしているようですが、住宅本体に関する値引きは無いと考えておいた方がよさそうです。
ただし、見積もり時の金額と支払時の金額に誤差は生じにくいようです。
あらかじめ予備費等を多く見積もっているので、むしろ少し安くなることもあるようです。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

三菱地所ホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック