三井ホームの坪単価はいくら?人気3商品の価格を調査!

出典:三井ホーム

三井ホームは大手住宅メーカーの中でもツーバイフォー工法をいち早く導入した先駆け企業です。

そんな三井ホームでは企画住宅の他に、注文住宅を得意として展開しています。

外部デザイナーに住宅デザインを依頼し、依頼主と一丸になってプロジェクトを進めてくれます。

三井ホームがデザイン重視といわれるのにはこのような理由が存在するのです。

今回は人気商品3種類の坪単価をご紹介いたします。

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

三井ホームの価格や坪単価は?

chouchou(シュシュ)

YumiIsamiさん(@yumi.isami)がシェアした投稿


三井ホームのラインナップの中でも女性からの人気が高いのが「chouchou(シュシュ)」です。

洋風のかわいらしい外観、高級感あふれる玄関ポーチがいいバランス感を醸し出しています。

三井ホーム自身も女性目線・女性の住みたいおうちのコンセプトに基づいてデザインしています。

chouchou(シュシュ)の価格と坪単価

kumi⋆*✩⑅◡̈⃝*さん(@t.k.home)がシェアした投稿


購入した方の口コミを見ていくと坪単価85万円程度が相場のようです。

価格に直すと延床40坪の住宅を購入した時に掛かる費用が3400万円にもなります。住宅メーカーの中ではかなり高価な住宅と言えます。

しかし、デザイナーを外から入れて、インテリアコーディネーターも絡んでくるとなるとこの金額も妥当かもしれません。

高くてもいいものを、高くておしゃれなものをお求めの方にはぴったりの商品です。

マイレーヴ

三井ホームさん(@mitsuihome)がシェアした投稿


三井ホームには規格住宅と注文住宅の他に準規格住宅があります。規格住宅よりも選択の幅が広い商品です。

マイレーブは間取りが100プランも用意されていてお客様好みのレイアウトを選ぶことができるのです。

外観に関しては10種類のプランから選択できるようで、とても自由度の高い住宅となっています。

注文住宅は高くて買いづらいけど規格住宅は間取りの自由が無くて・・・とお思いの方にはぴったりの商品です。

マイレーヴの価格と坪単価

三井ホームさん(@mitsuihome)がシェアした投稿


マイレーヴは注文住宅の次に人気のモデルのようで、購入者の声が多数あります。その価格を情報をもとに調べてみると、坪単価60万円~75万円が相場のようです。

40坪のおうちを建てようと思うと最安計算で2400万円ほどで建てられる計算になります。

この金額はあくまで最安坪単価を純掛けした金額なので、ご参考程度に見ていただけますと幸いです。

しかし、高級住宅と言われる三井ホームの家がこの金額で買えるのならお得に感じますよね。

バーリオ

真麻さん(@martha49717)がシェアした投稿


三井ホームが手掛ける住宅の中では一番リーズナブルな規格住宅「バーリオ」です。

特長としては、高級住宅メーカーの三井ハウスの中で一番安価に手に入る点と間取りの選択肢が90パターン用意されている点です。

このバーリオは規格住宅なので、間取りのカスタマイズが出来ません。外装に関しても5パターンの仕上がりから選ぶことができます。

バーリオの価格と坪単価

mirageさん(@madame_libre)がシェアした投稿


バーリオの坪単価は1坪当たり55万円~65万円と三井ホームの中では最安です。40坪のおうちを建てると55万円×40坪で2200万円ほどで建てられるようです。

三井ホームの注文住宅の坪単価が90万円前後と言われる中でこの金額で建てられるのは一つのメリットと言えるのではないでしょうか。

建設予定の敷地にうまく収めることが出来ればとても手ごろな家です。

しかし、三井ホームの強みである外部デザイナーを使う事が出来ないので、そこはデメリットと言えるかもしれません。

三井ホームの価格や坪単価の内訳は?

Runaさん(@runa._happy_cat)がシェアした投稿


三井ホームに建築を頼んだ時の見積もりには何が含まれているのか。内訳が不透明では安心して工事を頼むことはできませんよね。

ここでは三井ホームに工事を頼む際の工事内訳をご紹介いたします。

例)坪数40坪
工事金額3450万円

内訳

・本体工事:2600万円
・オプション:323万円(ここから値引き有)
・全館空調
・太陽光発電
・付帯工事:475万円
・給排水本管接続
・屋外給排水工事
・ガス工事
・仮設工事
・解体工事
・地盤改良工事
・外構工事
・カーテン工事
・設計料:60万円
・事務手数料・水道加入:115万円

以上が内訳となります。

本体工事

sindyさん(@sindyhousegram)がシェアした投稿


本体工事とは、住宅を建築するに当たりかかる資材費、人件費をまとめたものです。工務店によってはどの資材がいくらなのかを明記する場合もあります。

基礎工事から建て方工事、仕上げ工事までがここに区分されます。かかる費用のほとんどはこの本体工事です。

オプション

Risaさん(@risagram_s)がシェアした投稿


この項目はお客様によっては見積もりに乗らない部分かもしれません。

省エネ住宅に有効なエネファームや床暖房など付加価値的なものの金額の総額です。

付帯工事

yrrrriさん(@yrrrri_home)がシェアした投稿


付帯工事とは本体工事とは別に、設備系工事や駐車場などの外構工事などの総称です。

上水下水の配管工事からガス設備の工事、土地によっては地盤改良が必要な場合もあるのでその金額もこの項目に盛り込まれます。

エクステリアや駐車場、屋内外の照明取付など多岐にわたります。

消費税

chacoさん(@chacopooon)がシェアした投稿


住宅は大きな買い物故、消費税が高くなります。

数千万円のお買い物ですから、ここの金額にもきちんと目を通し、予算内に収まるように調節することが肝心です。

三井ホームの総額は契約前見積もりと差が出る?

rupacoさん(@rupaco_home)がシェアした投稿


三井ホームは業界でもかなり高額な住宅メーカーですので、相場としては上物だけで3000万円の情報をよく目にします。

注文住宅は外部デザイナーやインテリアデザイナーが絡んでプロジェクトを進行していくので値段が高くなるようです。

三井ホームで見積もりを依頼したというお話を聞いていくと、見積もりとの相違が200万から400万円ほど出たという情報があります。

施工前打合せや見積もりでは出てこなかった事象やあとから追加要望を出したものはもちろん最初の見積もりには乗らないので、注意が必要です。

施工前に起こりそうな事象の事を聞き、見積もりについてわからないことはしっかりと確認することをおすすめします。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

三井ホーム
フォローする
住まいハック