日本ハウスホールディングスの標準装備やオプション内容、費用を調べてみた!

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

日本ハウスホールディングスの標準装備の中身!

タイル外壁
商品によりますが高級タイルを標準装備にしています。標準タイルの種類はさほど多くはないのですがシンプルなものが多く組み合わせることにより、おしゃれにもできますし、洋風なデザインにもすることが可能です。タイル外壁にすれば維持費がかからずコストが抑えられます。

ソーラーパネルを標準装備
これも太陽光発電の家で標準装備されています。2.55KWを標準装備で発電した電気を使えるように変換するパワーコンディショナーやコードまでついています。これまで標準装備ですと200万近くしてしまうのでそれが標準装備なのはとてもお得だと思います。

高断熱の窓が標準装備
高気密、高断熱の家になりますと、トリプルの窓が標準装備になります。多くのメーカーはペアガラスが標準装備のところが多いですがこの商品はトリプルの窓が標準装備です。窓は熱が逃げる場所ですのであまり窓を多くしてしまうと熱が逃げやすい家になってしまいますがトリプルガラスになると内部の熱も逃げることなく、外の気温の影響も受けにくいです。そのため窓を大きく、また、多い間取りにしても内部の温度が逃げにくいので開放的な間取りにもできます。

檜の床、天井、壁等の内装が標準装備
内装になりますが、これも商品によります。檜の材料を使った床、天井、壁等の板を標準にしています。檜は耐久力が高く使い込んでいるとどうしても汚れが出ますが掃除すれば掃除するほどキレイに保つことができ、その家の味にもなりますが、檜だとどうしても和風な間取りになりがちですので、好みが別れると思います。

床暖房
快適に保つために床暖房が標準にしています。空気は窓や扉の開け閉めで熱が逃げやすいですが、床暖房もいれていますので、空気が逃げても床が暖かく、寝るときも快適に過ごすことができます。

セントラルヒーティング
これは地域により異なりますが東北地方など寒い地域が対象になります。セントラルヒーティングは建物全体や対象の部屋に暖かい空気を送る機器になります。リビング、寝室など対象の部屋を暖めることができるので特に寒い地域は寒暖差を抑えられ、ヒートショックも防ぐことができます。

日本ハウスホールディングスのオプションの内容と費用

蓄電池
太陽光発電を最大限にいかすなら必要なところです。オプションになり設置にはかなり高い費用がかかりますが、売電を目指すなら入れたいところです。

エコキュート
同じく太陽光発電を効率的にいかしていくならいれたいですが設置にはまた、何十万のお金が出ます。入れれば電気代がかからずお湯が沸かせますが費用がかさんでしまいます。

100年基礎
これも商品により異なりますが、高耐久の基礎が提供されており、ベタ基礎で、高耐久のものを使用しています。昔の家などはヒビが入ってしまい耐久力に欠けるところがありました。そこで100年基礎で耐久力の高いように工夫されたものを使用しています。

制震パネル
地震について強い工法を持っていますが、制震パネルも導入しています。制震パネルをつけていることにより大きい地震がきても制震パネルが衝撃を逃がし建物の負担、衝撃を逃がすようになります。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

日本ハウスホールディングス
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック