日本ハウスホールディングスの二世帯の評判は?坪単価や間取り図などを解説!

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

日本ハウスホールディングスの二世帯の特徴、評判は?

日本ハウスホールディングスのホームページでは同居型と一階と二階で完全独立タイプが紹介されています。同居型の場合玄関から浴室まで全て共用していきます。婿さんやお嫁さんは気を使ってしまう人が多いため、気疲れを起こしてしまう人が多いと思います。その場合は部屋数を多くして、一人になれる空間を作ってあげることです。そうすることで自分が休める空間を作ることができます。一階と二階で完全独立タイプは一階が親世帯で、二階が子世帯で玄関から浴室までそれぞれ独立しているタイプです。この間取りは気兼ねする必要がなく自分達の生活ペースを乱すことなく生活を送ることができます。日本ハウスホールディングスは和風の家が多く、また、自由設計で間取りは理想のものができ、バリアフリー設計も充実しています。例えば車イスの人がいれば移動スペースを広くしたりできるので親世帯にも満足でき、子世帯にも子育て中の方なら子供が室内でも遊んだりできる空間にもなるので満足できる間取りをすることができます。そのため二世帯住宅の評判で悪いものはなかったです。

日本ハウスホールディングスの二世帯の坪単価は?

日本ハウスホールディングスの坪単価は標準装備が充実しているせいか、55万~60万ほどになっており他のメーカーより安くなっています。ですがこれは完全同居型の場合です。上下完全独立型になりますと玄関、キッチン、浴室、トイレなど全てがそれぞれの世帯で必要になります。そうなりますとやはりコストが上がりますので坪60万以上になってしまうのではないかと思います。

日本ハウスホールディングスの二世帯の間取りは?

1 5SLDK、64坪、二階建て

完全同居型の間取りになっています。リビングが広くのびのびとくつろぐことができ、部屋から部屋に移動ができるので親世帯も移動に苦労することがありません。階段を上がった踊り場もスペースを広くとってあるので子供のスペースにも使えます。完全同居型のメリットは子供や家のことを協力してできることです。この間取りは部屋も広く、部屋数が多いので子育ても協力しあいながらすることができ、一人になりたい時間も部屋数が多いのでとることができます。
https://www.nihonhouse-hd.co.jp/kurashi/nisetai/

2 5LLDK 59坪 二階建て
一階と二階で完全独立型の間取りになります。一階も二階も間取りの違いがほとんどなく和室と子供部屋の違いだけになっています。一階は階段を使わないように親世帯用で、和室もあり落ち着いた空間を持つことができます。二階もLDKから全ての部屋に移動でき人の出入りや動きが分かりやすいです。完全独立のため浴室やキッチンなどに気を使うことなく生活を送れます。この間取りの特徴はもう一つあり、部屋の配置が一階と二階でほとんど同じになっています。例えば寝室の上に子供部屋があったら、早い時間に親世帯が寝る時間、小さい子供がドタドタ遊んでたら一階で気になってしまいます。寝室の上に寝室を置くことによりお互いがゆっくり休めるようになっています。

3 6LLSDK、55坪、三階建て

三階建てになります。完全独立型のもので、一階を親世帯が使い、二階、三階を子世帯で使うようになっています。一階も二階もリビングの窓が大きく外の光が室内に入ってきて明るくなります。三階になりますと子供部屋で一階と二階も含め収納スペースが揃っているので家具を配置する必要がなく、整理整頓のしやすい間取りになっています。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

日本ハウスホールディングス
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック