日本ハウスホールディングスのQ値、C値は?快適性や電気代を調べました!

日本ハウスホールディングスの快適性は?

日本ハウスホールディングスは様々な商品がありますが、室内の温度を一定にするために断熱性、気密性に特化した商品があります。それがJ-WARMという商品です。建物はどうしても熱が逃げる箇所があります。それは一番は窓で二番目が排気口です。日本ハウスホールディングスはトリプルのペアガラスを標準採用し気密性をあげ、排気口は熱交換換気システムにより外の空気と室内の空気を入れ換えると同時に熱もこれから室内に入ってくる空気に移動させ室内の空気を一定に保てるようにしています。簡単に言うと熱はそのままで空気だけをを変えるというシステムを導入しています。そのため今までは換気するには中の空気を熱ごと外に出さなければなりませんでしたが、日本ハウスホールディングスの熱交換換気システムにより空気を変えながら室内の温度を一定に保てるようになっており電気代も節約でき、熱が逃げやすい二つの弱点を克服した商品となっています。結露がなく、室内を一定に保てるため快適性もいいと思います。

日本ハウスホールディングスのQ値、断熱性はどう?

日本ハウスホールディングスの断熱性は1.0となります。Q値は数字が小さければ小さいほど断熱性が高いという基準になります。木造住宅でトップのメーカーだと0.5という数字のところもあるのですが、ほとんどは1.5や2.0前後のところが多いです。そのため日本ハウスホールディングスはメーカーの中でも断熱性が高いといえます。日本ハウスホールディングスの断熱性が高いのには理由があり、外壁材を二重にし、断熱材も二重にすることが可能です。先程書いたようにトリプルのペアガラスも採用しているため断熱性が高く、外の温度や日射しの影響を受けることなく、室内の空気を外に逃がしにくいようになっています。また、トリプルのペアガラスに樹脂サッシをつけることにより窓を締めたときの隙間をしっかりとなくし、より断熱性の高いものにしています。このような取り組みから断熱性が高いと思われます。

日本ハウスホールディングスのC値、気密性はどう?

C値は気密性のことを表しており建物の隙間がないことを表す数値となっています。Q値同様このC値が小さければ小さいほど気密性が高く建物に隙間がないということになります。ですが日本ハウスホールディングスのC値は公表されていませんでした。他社メーカーでは0.6~2.0というところが多かったですが気密性というものは低ければいいということにはなりません。室内の気密性が高ければ室内の温度は保たれるかもしれませんが、同じ空気がそこに溜まり続けるので衛生上よくありませんし、木材も呼吸をするので、柱と壁の間にも隙間を開けて木が呼吸をできるようにしなければなりません。そのようにしないと木が呼吸をすることができず死んで腐ってしまいます。なので建物にも隙間が必要です。先程書いたように室内は熱交換換気システムが搭載されているので熱はそのままで、空気だけを変えられるようになっていますので、室内の空気を循環させることができます。日本ハウスホールディングスは壁の中にも隙間が出来ている使用になっていました。画像の通気層というところが空気の通り道です。ですが問題が一つあります。画像にある透湿防水シートは水が侵入しないように水を弾き、空気を通してくれるようになっており、内部の柱も呼吸ができるようになっています。ですが構造用合板があることにより柱が内壁と密閉状態になり木が呼吸をすることができず痛む可能性があります。この構造用合板は耐震力を上げるために日本ハウスホールディングスが入れています。これにより室内の耐震力が上がり気密性はさらに高まるのですが木が呼吸をすることができないので痛みやすいという欠点があります。しかし、気密性については熱交換換気システムやトリプルのペアガラスなど快適にするための対策をしっかりと取っているため快適性は高いと思います。

日本ハウスホールディングスの電気代はどうなの?

日本ハウスホールディングスの熱交換換気システムを搭載すれば建物内の空気を一定に保てます。断熱性の高さから外に空気を逃がしにくく、熱交換換気システムを搭載することにより空気を変えながら室内の温度を一定に保てるようにしています。そのためエアコンなどをずっと稼働し続ける必要がなく、比較的に電気代を安く抑えられると思います。