日本ハウスホールディングスの耐震性能はどうなの?

日本ハウスホールディングスの耐震性能はどうなの?

日本ハウスホールディングスの耐震等級は3になっており、非常に地震にも強い作りになっています。日本ハウスホールディングスはグッドストロング工法という工法を採用しており非常に地震に強い仕組みになっています。

まず上の画像は二階の床の土台になる木になります。本来はこんなに細かく、木を通さないのですが日本ハウスホールディングスはこのように木をいれることにより地震がきても衝撃を分散し建物への負担を減らすことができます。

次の画像は柱と柱の間に合板を張りガッチリと固定させます。そうすることで隙間がなくなり揺れ幅がなく地震がきても硬く保てるようになります。ただし、耐震力は非常に高くなりますが、柱が内壁と密閉状態になりますので湿気を排出できず、木が呼吸できなくなるため木が痛みやすいという欠点があります。

上の画像は柱と梁(はり)の接続部分の画像です。本来は木に穴を開け鎹(かすがい)などで固定して接続していくのですが、日本ハウスホールディングスは鉄のプレートを木に埋め込み左の画像で止めていきます。木に穴を開けることがなくより耐久力、強度をあげることができます。
このような工法を組み合わせグッドストロング工法という耐震等級3の建物を実現しています。

上の画像は制震パネルになります。オプションになりますが、横揺れを真ん中のデバイスが上下に動き揺れの衝撃を逃がします。これをいれることにより建物が硬いだけでなく、強い揺れがきても衝撃を逃がし建物への負担を減らすことができます。ただ、グッドストロング工法でも十分な耐震力もあり、これはオプションになりますのでお金に余裕があり、耐震について深く考えている方におすすめしたいと思います。

日本ハウスホールディングスの地震への影響、評判は?

日本ハウスホールディングスはやはり耐震性に優れているため、地震には強いですが、やはり東日本大震災などの強い地震には生活の支障がなくても壊れたところが出るようです。 このように不具合やトラブルが生じると営業さんにアフターメンテナンスをお願いすると思うのですが、ルーズで対応してくれないという口コミもありました。営業さんによって違うと思いますが、大切な家に不具合やトラブルが生じて対応してもらえないのはとても不利なことだと思います。