日本ハウスホールディングスの太陽光発電の評判はどうなの?

日本ハウスホールディングスの太陽光発電の評判は?

日本ハウスホールディングスのJ-SUNSHINEは太陽光発電を2.55KW分、標準装備にしています。ですが太陽光パネルだけを設置しても電気を家で使うことができません。家で使う専用の電気に変換してあげるパワーコンディショナーという機械が必要になります。これも買うと約60万ほどしてしまいますが、これも標準装備になっています。それらをつなぐケーブルや工賃も含みます。本来これらを買うとなると200万ほどしてしまうのでそれが標準装備なのは非常にお得だと思います。日本ハウスホールディングスは断熱性にも優れていますので、エアコンを入れてもその熱を逃がさずに室内の温度を保ってくれます。なので冷暖房をつけっぱなしにする必要がなく、エコな生活ができます。ですがそれでも2.55KWでは家中の電気を賄うことが難しく、あと2KW~2.5KWほど上げたいところです。

日本ハウスホールディングスの太陽光発電にかかる費用は?

J-SUNSHINEですと2.55KWが標準装備になります。さらに追加するとなると太陽光パネル一枚あたり20万かからないくらいですが1KWを発電するのに4枚が必要になるので先程のあげた例で追加するとなると8枚~10枚が必要になり160万~200万かかってしまいます。発電量を見るモニターがあるのですがそれは標準ではついておらずそれを導入すれば約10万かかります。HEMSや蓄電池を搭載すれば合わせて100万ほどかかりますので高くはなるのですが、自治体の方からも補助金が出るようになっていますのでお住まいのところで確認されてみることをおすすめします。

日本ハウスホールディングスの太陽光発電の売電収入はどうなの?

日本ハウスホールディングスは太陽光発電を標準装備にし、材料も檜を使い内容も他と変わらないのでやはり導入している方が多いようです。ですが先程もあげましたが2.55KWだけですとやはり少ないというのが現状です。そこでおすすめなのがオプションになりますがHEMSと蓄電池を搭載すれば効率よく電気を使い、売電に回すことができます。HEMSとは電気の使用率や売電率をモニターで表してくれるものです。接続できればスマホでも数値を確認することができ、電気を使いすぎていたり、売電している量を常に確認し、より効率的な電気の使い方が可能になります。蓄電池は昼間の電気を充電して夜に使うようにするのがオードソックスなやり方ですがそれでは売電はできません。夜間の時間帯は電気代が安くなるためその時間に蓄電池に充電して、昼間はその電気を使うことでより効率的に安定した売電収入を得ることができます。そうすることで発電した電気に手をつけることなくまるごと売電に回せるからです。夫婦で昼間共働きで子供は学校と昼間家に誰もいなければ電気もそこまで使用することはありません。そのため蓄電池とHEMSは売電収入を得ていくためには必須のものになりますので売電収入を目指すのであればコストはかかりますが入れられることをおすすめします。