サンヨーホームズの二世帯の評判は?坪単価や間取り図など解説!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

サンヨーホームズの二世帯の特徴・評判は?

現在、二世帯住宅の需要は大きく広まっています。

その要因には大きく分けて二つ、高齢化社会と若年層に所得の低下があると言われています。

従来まではお年を召した親世帯が老後のことを考えて同居を望むケースが多く見受けられました。
しかし現在ではマイホームを買いたいけれど金銭的に手が出ない方が、2世帯で折半して購入するケースも出てきています。

二世帯住宅には大きく2つのメリットがあります。
1つは先述しました通り、両世帯がお金を出し合って購入できる点。
もう一つは祖父母とお孫さんの間で密なコミュニケーションを取る事が出来る点です。

また、二世帯住宅には相続に関するメリットも存在します。
同居の定義「玄関が1つ・住宅内部で行き来ができる・世帯ごとに区分されていない」の3つを守ることで相続税の減免措置を受けることが可能となります。

一方、二世帯同居にはデメリットもいくつか存在します。
子世帯の方の中には働きに出ている方も多いと思います。
親世帯との生活時間にずれが生じて、トラブルに発展するケースが増えているのです。

現代の同居に必要とされているのは互いに良い距離感で過ごすことのできる二世帯住宅です。
今回はサンヨーホームズが手掛けている二世帯住宅をご紹介いたします。

サンヨーホームズの二世帯の坪単価は?

サンヨーホームズでは「クラシテ」の二世帯住宅プランを販売しています。
両世帯が気遣いをしつつも快適に暮らしていける設計を提案している事でも人気です。

サンヨーホームズではお互いの世帯がほど良い距離感で過ごしていける「分離型」プランの二世帯住宅を提案しています。
玄関と浴室を共有する設計プランで、玄関から各世帯のエリアへとアクセスすることになります。
基本的な生活スペースは分離されていますが、玄関とお風呂を共有することで、お互いの生活感や存在を感じながら生活する事が出来るのです。
昨今の二世帯住宅は、完全分離型が主流となってきていますが、サンヨーホームズではこの形を採用しています。

その中でもお互いの世帯が交流することのできるスペースを造ることで他メーカーとの差別化を図っています。

・祖父母と孫が一緒に過ごせる和室

親世帯フロアの中に広めの和室を設計することで、祖父母と孫が一緒に遊べる空間が出来ます。
子世帯がお仕事の時に、子供の面倒を親世帯に見てもらう事が出来る場所になります。

サンヨーホームズの二世帯住宅は玄関とお風呂を共有しますが、ダイニングキッチンは各世帯ごとに用意されています。
特に親世帯と子世帯では生活時間に違いが発生します。
そうするとご飯を食べる時間も違うので、共有キッチンだととても気を使う結果になってしまいます。
キッチンとダイニングを各世帯ごとに用意することで気兼ねなくお料理・お食事を楽しむ事が出来るのです。

価格に関して言えば、サンヨーホームズは高級路線で住宅販売をしているメーカーです。
二世帯住宅を購入するときの価格は坪単価で55~65万円ほどと言われています。
中堅メーカーといった印象の価格ですが、住宅の性能は価格以上と評判です。

サンヨーホームズの二世帯の間取り図は?

サンヨーホームズではアンディ二世帯プランが用意されています。
実際にどんな間取りの二世帯住宅を販売しているのか調べてみました。

・間取り1:クラシテ軽量鉄骨軸組構法3階建て

こちらは鉄骨造3階建ての二世帯住宅プランです。
ほぼ狭小地向け住宅のようなプランニングが特徴的ですが、3階建てなので各フロアを広めに取れています。
1階から2階へのホームエレベーターが導入されており、1~2階は親世帯のフロアとして使えます。
玄関と浴室・リビングを共有するプランのため、それ以外のダイニングキッチンは2階と3階にそれぞれ用意されています。
プライベートスペースもきちんと完備されているので、自分の時間を大事にすることも可能です。

耐火住宅“Urban”こだわりのカタチ | 暮らし提案 | 戸建住宅 | サンヨーホームズ株式会社
戸建注文住宅「life style KURASI'TE」Urbanの「こだわりのカタチ」。災害に強く、大切な家族や暮らしを守る強さ、自由な暮らしを実現するしなやかさをもった都市型住宅。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

サンヨーホームズ
フォローする
住まいハック