セキスイハイムの平屋の評判は?坪単価や間取り図などを解説!

セキスイハイムの平屋の特徴、評判は?

セキスイハイムの平屋の商品は鉄骨と木造構造のものがあります。鉄骨住宅の場合はセキスイハイムは鉄骨ラーメン構造でユニット型にしているので強度が強く、広々とした間取りを作ることができます。今までの建物は耐震理由で間仕切りや柱をいれなければならず、あまり大きいリビングを作ることができませんでした。ですが鉄骨ラーメン構造で強度が十分ですのでリビングを広くすることもできますし、窓も多く、大きくすることもでき、庭と繋がりやすくする間取りにもできます。セキスイハイムの平屋は、子育てや家族との触れ合いや暮らしやすさに重きをおいた商品になっていますので自分達の老後のことを考えた間取りにもできますし、子育て中の方は子供を育て安い間取りを作ることができます。平屋とセキスイハイムの鉄骨ラーメンを活かして建物の高さを上げて、あげた部分に窓を設置すれば夜空を眺められ、子供と星空観察、そのような間取りも可能です。また、セキスイハイムの特徴の一つの庇(ひさし)を広く出して、その下をウットデッキにし、そこで夏場は日焼けに気を使わずプールをしたり庭と繋がって遊んだりと平屋の長所を活かし家族と触れあえることができます。このように家族と常に触れあえるように作られているのがセキスイハイムの平屋だと思います。

セキスイハイムの平屋の価格、坪単価は?

セキスイハイムの平屋の価格は60万~75万ほどのようです。家の大きさにもよりますがあまり大きいと基礎と屋根が大きくなるので、料金も高めになります。そしてオプションもセキスイハイムは多いので色々つけると高くなるので注意が必要です。また平屋のプランでそだての家というものがありますが、子育て中の方が安心して、健康で過ごせるように快適エアリーを標準装備にしています。二階建てではオプションで一台40万で二階建ての場合一階と二階で一台ずつ必要になりますので建物全体で快適エアリーを使うとするなら80万ほどかかってしまいますので、それが標準装備はやはり子育て世帯にも嬉しいものだと思います。

セキスイハイムの平屋の間取図

1 2LDK 25坪
子育てが終わった夫婦におすすめの平屋になります。ホールから全ての部屋に出入りできます。移動が楽なので足腰が弱くなっても生活に不自由しにくいです。キッチンの床がタイル式なので掃除が楽でおしゃれに、間取りがシンプルで一部屋一部屋が大きいのでのびのびとした生活ができます。ただ、収納スペースがあまりないので家具を置いたり、アウトドア用品の収納もないので倉庫を設置しないと不自由かもしれません。
https://www.ibaraki-heim.co.jp/interview/madori/detail/000359.php

2 3LDK+ロフト 35坪
これは子育て世帯におすすめな間取りです。脱衣場の隣がファミリークローゼットになりその隣がサンルームになっていますので洗濯物も干しやすく、また、サンルームで外に干さないので特に花粉症の人は花粉対策にもなります。寝室も広く、子供部屋もロフトがついているのでそこで遊べたり、収納スペースにも使えるので子育て中の方にはおすすめです。
https://www.ibaraki-heim.co.jp/interview/madori/detail/000356.php

3 4LDK 41坪

リビングが、とても広く、家族の時間を大切にすることができます。リビングと主寝室に大きい窓がついているので外の光が入ってきやすく、明るいリビングに成り、寝室にも窓が多くついているので朝の光を取り込みやすく気持ちのいい朝が迎えられます。寝室と子供部屋に収納スペースが多くついているので家具の設置の必要がなく、片付けにも困ることがありません。
https://www.ibaraki-heim.co.jp/interview/report/detail/000320.php