セキスイハイムの標準装備やオプション内容、費用を調べてみた!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

セキスイハイムの標準装備の中身!

セキスイハイムは商品によって標準装備が変わります。

平屋の「そだての家
というプランは快適エアリーが標準装備!
快適エアリーは本来はオプションです。ですがこの「そだての家」は健康に家族が触れあえ、主婦が使い勝手のいい家をコンセプトにしています。快適エアリーは室内の空気を換気してくれるだけでなく、冷暖房空調システムになっています。なので快適エアリーを一台いれればエアコンを買う必要がなく、建物全体が一定の温度に保たれるのでヒートショックの心配がありません。それが標準装備なのはとてもメリットだと思います。

ハイムbjは太陽光発電を標準装備!
bjは2KWのソーラーパネルと発電量と消費電力を比較し電気の効率のいい使い方をサポートしてくれるHEMSを標準装備にしています。また、高耐久の外壁材も標準装備にしているため、メンテナンスが少なくてすみます。ここでひとつ言えるとするならソーラーパネル2KWが標準なのは非常に嬉しいことなのですが、それでは少なすぎます。売電どころか日々の電気代も賄えないと思います。快適エアリーを搭載すると電気代は使い方にもよりますがおそらく毎月1万円は越えてきます。電気代を賄うことを考えると5KWはほしいところであり、蓄電池も搭載したいところです。そうなってくると標準装備で高望みしなければ問題ないのですが、ソーラーパネルで電気を賄いたいとするなら2KWでは少ないです。

スマートパワーステーションは太陽光発電一式が標準装備!
スマートパワーステーションという商品はソーラーパネル5KWが標準装備になっています。他にも蓄電池や電気の効率のいい使い方をナビしてくれるHEMSを標準にしてくれるので非常にありがたいことだと思います。太陽光発電をお望みでしたらこちらの購入をおすすめします。

セキスイハイムのオプション内容と費用

快適エアリー
快適エアリーは先程書いたように、空気の換気と冷暖房空調システムをかねそろえており購入者の大半のかたは導入されています。家の中を一定の温度にしてくれるので快適性に優れたものです。ですが快適エアリーは建物全体を一定にしてくれるわけではありません。一階と二階でそれぞれいれないといけません。そのため平屋なら大丈夫なのですが、二階建てなら一階に一台、二階にも一台いれて初めて建物全体が一定の温度になります。快適エアリーの価格は一台40万で二台導入するなら80万になってしまいますので少し高めになります。

タイル外壁
タイル外壁は初期費用はとても高いです。なので普通の外壁材を選ばれるかたも多いのですが、10年~20年の間に塗装をしなければなりません。しなければ塗装が剥がれ建物がダメになってしまいます。ですが、タイル外壁はそのような心配がなく維持費がかかりません。塗装を塗り直すのも建物の大きさにもよりますが何十万~何百万のお金がかかるのでその費用を考えたらタイル外壁は決して高くはないと思います。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

セキスイハイム
フォローする
住まいハック