セキスイハイムの耐震性能はどうなの?

セキスイハイムの耐震性能はどうなの?

セキスイハイムの耐震性能は高く、耐震等級も3で最大級の耐震実験もクリアしており、耐震能力の高さはセキスイハイムの強みと言えます。GAIASSという耐震技術で、鉄骨ラーメン構造のユニット型の建物と高耐久の外壁材で強度をあげています。仕組み的には地震が来ても鉄骨ラーメンユニットで耐えることができ、また、外壁が揺れに応じて変形していくものを採用しているので、地震が来ても少しずつ変形していき、しなやかに受け流す高性能の技術を用いています。本来、鉄骨住宅は梁(はり)や柱、母屋(もや)などそれぞれ鉄骨が別れており、建てる際に一本一本をボルトで止めていき建物の骨組みを作っていきます。そのため大きい地震や老化するとボルトが緩んだりする可能性があります。鉄骨ラーメン構造とは高層ビルを建てる際に採用されており、ボルトを使わず全て溶接で繋ぎ会わせていきます。セキスイハイムも同じ工法ですのでユニットをロボットが溶接でガッチリと止めていきます。現場でさらに強度の高いユニット同士を組み合わせていきますので、建物を作っていくと同時に強度も上がります。柱や梁が2本も4本も重なるため強靭なものとなるからです。

また、鉄骨だけで硬くするだけでなく、高耐久の外壁材で衝撃を受け流せるようになっています。地震が来ても外壁が一枚ずつ変形していき、最終的にもとに戻るようになっています。そのため、セキスイハイムは鉄骨の柱はガッチリとされており、外壁材を使ってしなやかに受け流す材料を使っています。また、重要なのは建物だけではありません。強い地震に耐えうるだけの基礎が重要です。セキスイハイムはベタ基礎を標準にしており全体で地震の衝撃を受けて、衝撃を分散できるようになっています。今までは布基礎でしたが布基礎だと衝撃が分散されず建物に負担がかかりやすかったです。そのためベタ基礎を採用してアンカーボルトでガッチリと建物を止めて一体化させているので、耐震について安心できるところだと考えます。

セキスイハイムの地震への影響、評判は?

震災があり地震に強い家にしたいから選びました。
震災があってから全国各地で地震が頻繁に起きるようになって、建てるのなら地震に特に強い家がいいという希望がありました。たくさんのメーカーを見ましたがセキスイハイムが一番耐震に強いと思いました。ユニット型で耐震等級3になってて、最大級の耐震実験でも耐えた実績があるので私たちはセキスイハイムに決めました。

ベタ基礎を標準でいれてくれるのが良かった。
建物の構造が丈夫なのが一番引かれましたが、それに応じてベタ基礎で建物を地面としっかり固定できているから安心できました。他のメーカーや昔の家のタイプだと基礎にヒビが入ってしまったりしてしまうのを調べてみてわかりました。基礎にヒビが入ってしまっては耐震をしっかりしていても意味がないなと思ったんですけど、ベタ基礎なのが安心できました。しかも実家が布基礎だったんですけどポイントでしか基礎がないので床下は地面が丸見えで、害虫などが入ってくる原因だと言われました。ベタ基礎だとそのようなことはなくなるとのことでしたのでその面からしても安心です。
しかも基礎ができれば現場での工期が短いのも良かったです!

耐震が一番
私たちが住んでいるところは台風が多く地震以外でも災害に強い家を探していました。セキスイハイムは外壁も高耐久の外壁材でその外壁は地震の衝撃も和らげてくれるとの説明でその点でも気に入りました。建築費用2000万で坪50
で建てられたので安くできたので良かったです。