セキスイハイムの坪単価はいくら?人気3商品の価格を調査!

セキスイハイムの価格や坪単価は?

セキスイハイムは鉄骨住宅のユニット型の鉄骨ラーメン構造ですのでやはり耐久力が強みです。その耐久力の高い商品を調べてみました。

1 パルフェ
これはセキスイハイムの特徴的になります四角型の家になり、鉄骨住宅のなかでもオーソドックスな商品になると思います。耐震性が高いため庇(ひさし)が広く伸ばすことができます。ベランダの上まで伸ばして雨の日も洗濯物が外に干したり建物の形もバリエーションが多いのも特徴的です。屋根が平らになるのでその範囲を全てソーラーパネルを搭載できるのでいろいろ応用が効きます。

2 デシオ
ユニット型鉄骨ラーメン構造のセキスイハイムの強みを活かした商品になります。耐久力、耐震性に優れていますので三階建てでも倒壊の心配もなく、よりダイナミックな間取りが可能になっています。三階建てならではのアパートやマンションのような外観にすることも可能で、賃貸にするにもおすすめです。敷地がない方にも一階をガレージにして二階三階を居住スペースに。また、一階を賃貸にして、二階三階を居住にと、資産運用にも有効に活用することができます。ここでもセキスイハイムの耐久力が高いため長期間、賃貸にしても居住にしても安心してすむことができるのが魅力的なところです。

3 グランツーユー
セキスイハイムでは少ないですが木造住宅になります。木造住宅でも工場で建物の大半をあらかじめ作ってしまいますので現場でのコストが少なくすみます。そして工場で大半を作るので木材が雨風から守られ高品質のまま出荷されます。鉄骨ではない木材ならではの温かみがあり、自由設計になるので間取りに融通が効きます。鉄骨住宅のユニット型では細かいところまでの融通が効かない部分が出てきますが木造住宅の場合は融通が効くのでその点もおすすめです。

セキスイハイムの価格や坪単価の内訳は?

1. 建築工事費
建物を建てるために必要なお金です。鉄骨や外壁、内壁、屋根や基礎といった建物の材料となるもののお金です。他にもセキスイハイムは工場であらかじめ作ってからの出荷になりますので工場から運ぶトラックなどの運賃、現場でレッカーで吊って組み立てるレンタル料、外構など建物を建てるために必要な重機や必要工事費も含みます。

2. 研究開発費
建物を建てるために会社側もたくさんの失敗や試行錯誤を繰り返して安全で満足に提供できる商品を作ってくれています。セキスイハイムもたくさんの商品がありますがそれはセキスイハイムの従業員さんが一生懸命考えて研究を重ね試行錯誤して作ってくれたものです。セキスイハイムの展示場に行けば耐震実験の動画も見してくれますが、あのような実験に必要な費用や実験に使われた建物、その建物を作るために作った試作品などのお金が少しずつ上乗せされています。

3. 営業、人件費
セキスイハイムの住宅展示場に行くといつお客さんが来ても案内できるように必ず営業さんがスタンバイしています。また、セキスイハイムは工場で建物を作るのでその工場で働いている従業員さん、建物を建てるときの職人さん、他にも事務員さんなど一軒の家を建てるために多くの方が動いてくれています。そのぶんのお金です。

4. 広告宣伝費
多くのメーカーもそうなのですが、CMや広告、DVDやパンフレットなど大量に作って展示場に行ったら無料でくれます。それらのお金も金額に上乗せされています。一般の工務店とメーカーの金額の差は主にここの部分が大きいところです。なのでこの部分を払いたくないという方は一般の工務店の方が金額的にも安くなるのでおすすめです。

5. オプション料
セキスイハイムは標準装備が少なく、オプションがかなり多いのでやはりそちらを選んでしまうと金額も割高になります。

6. その他
建物を建てるときの予備費です。家具家電を変えたりしたり修繕が必要なところがあったりと予想外の経費のことです。

セキスイハイムの総額は契約前見積もり前と差が出る?

セキスイハイムもやはりオプションから選んでしまう方が多いようです。そうなってしまうと浴槽やキッチン、サッシなど分厚いカタログから全てを選ばなければなりません。どうせ一生に一度だからといいものをとったり金額を気にせず気に入ったものにしたりしているとどんどんお金は膨れ上がります。なので差がでないためには見積もりを最初からオプションのつもりで割り増しで決めたり、カタログをもらって、ある程度目星を絞ってから見積もってもらった方がいいと思います。