積水ハウスの平屋の評判は?坪単価や間取り図など解説!

積水ハウスの平屋の特徴は?

積水ハウスが得意としている平屋住宅。
階段がなく、ワンフロアで快適に暮らすことができる平屋は近年ニーズが増えつつあります。
複層階建ての住宅は建坪を最大活用×2もしくは×3など建坪分よりも広い延床を創り出すことができます。
その点、平屋住宅は建坪分の空間だけが住空間になるので、大きな家を持とうと思うとそれなりの土地が必要となります。

しかし、平屋には複層階住宅にない魅力があります。
ワンフロアで完結する平屋はそこに住む家族との繋がり、安心感を得ることができます。
平屋住宅は階段がなくバリアフリーなので、お部屋間の移動もとてもスムーズです。

また、お庭と目線が合う生活もできます。
リビングから窓を見渡した時に目線上にお庭がある生活、すぐに外に出ることができる快適性。
平屋ならではの自然と触れ合える生活がそこにあります。

積水ハウスの平屋の評判

積水ハウスの平屋には2つの種類があります。
木造の「RIRAKU 里楽」と鉄骨の「HIRAYAの季(とき)」です。
人気なのは、木造「シャーウッド構法」のRIRAKUです。
シャーウッド構法は窓にもこだわりを持っており、光量を多く取り込むために大きな窓を採用しています。
この大きな窓は夏の強い日差しで居室の気温が高くなるのを防ぐために、「アルゴンガス入り複層ガラス」になっています。
アルゴンガス入り複層ガラスの効果により居室にこもる熱を逃がしやすくし、快適な空間を保つのです。

シャーウッドの木造住宅に使われる木材はお客様と契約するごとに一邸ごとに製造され、出荷されます。
住宅に関する積水ハウスのこだわりが感じられるとともに、自分だけのオリジナル住宅という意識も高まります。

平屋の評判は特にシニア世代から、評判が良いようです。
何と言っても庭と地続きのリビング、家族のいる賑やかさではなく、そよぐ風と温かい日光を浴びながらゆっくりと過ごせることが人気のポイントです。
平屋建ての難しいポイントとして個性の出し方があります。
それも、屋根の造りをいくつかのプランの中から選ぶことができ、自分好みのカタチに造ることができるのです。

積水ハウスの平屋の価格・坪単価は?

積水ハウスの平屋住宅の中で一番人気があるのが、「RIRAKU 里楽」。
積水ハウスオリジナルの木造構法「シャーウッド」で造られた平屋住宅です。

デザイン性・機能性も高く人気のRIRAKU。
気になるのはお値段ですよね?
積水ハウスは大手住宅メーカーなので、お値段が高いとお思いの方も多いかもしれません。

そんな積水ハウス「RIRAKU里楽」の平均的な坪単価は70万円程度となっています。
たとえば40坪の建坪に建てるとしたら単純計算で2800万円という事になります。
この金額は大手メーカーの中ではまあまあ相場の金額です。
むしろこの金額以上に高い坪単価の大手は結構多いので、まずまず安いのではないでしょうか。
これはあくまでも標準仕様の金額ですので、オプション等を付けた場合には値段はもっと上がっていきます。

また、積水ハウスの標準仕様はグレードが高いことでも有名です。
多くのメーカーはグレードを上げることで品質が向上することが多々あります。
しかし、積水ハウスの商品はどのグレードでも品質が変わることがありません。
変わるのはデザイン性や利便性なので、標準グレードでも十分に質の高いものを手に入れられるのです。

坪単価が高いと言われる積水ハウスですが、実は金額は平均的かむしろ安く納まる場合もあるという事です。

積水ハウスの平屋の間取り図

間取り例1:4DK38坪

中庭を中心とした家族が集まるスペースが魅力的。
ユニバーサルデザインを取り入れた空間なので歳を重ねても快適に住まうことができます。

ビーエコルド 平屋の季(とき) | 自然とともに過ごす | 積水ハウス
積水ハウスの鉄骨平屋住宅、ビーエコルド 平屋の季(とき)。自分たちらしい豊かさにこだわる人のための洗練の平屋の住まいです。

間取り例2:3LDK25坪

広い空間が特徴的なユーティリティ空間のある住宅。
LDKがとても広く取られており、家族でくつろぐ事が可能となっています。

ビーエコルド 平屋の季(とき) | スマートなエコ・ライフ | 積水ハウス
積水ハウスの鉄骨平屋住宅、ビーエコルド 平屋の季(とき)。自分たちらしい豊かさにこだわる人のための洗練の平屋の住まいです。

間取り例3:6LDK45坪

LDKを大きく取り、パブリックスペースとして有効活用しています。
外に面する客室もあり、庭と地続きの平屋の強みを最大限生かした住宅となっています

確定した間取り(もう触りません) - ぽこにゃん積水ハウスの里楽で平屋を建てる
朝起きて、立ち上がった途端にいきなり右足をグキッとやって捻挫しました。 痛くて歩くのがしんどいです。なんでもないところでやるなんてやはり歳です。(笑) 先週に最終確認の前半を終え、次回はコンセントやスイッチ類の確認と外構の確認をします。今回は軒の幅を15センチ伸ばしたくらい...