積水ハウスの標準装備やオプション内容、費用を調べてみた!

出典:積水ハウス インテリア

積水ハウスの住宅の口コミを見ていると「標準仕様で十分満足」という声が良く聞かれます。

実際、モデルハウス等に行くと採用している設備機器は全て標準仕様と言います。

果たして、積水ハウスの標準装備はどのようなものが使われているのでしょうか。

ここでは積水ハウスの標準装備のいくつかをご紹介いたします。

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

積水ハウスの標準装備(標準仕様)の中身!

キッチン

積水ハウスの住宅に採用されているキッチンはPanasonicとクリナップが選択できます。

Panasonicのキッチンはデザイン性の高い三口並列コンロが採用された高機能キッチンです。標準仕様としてはかなりグレードの高いものとなっています。

クリナップのキッチンは標準仕様でクリンレディが用意してあります。レンジフードが洗えるモデルで、ステンレスの美しさを売りにしています。

洗面化粧台

aya.homeさん(@aya.home_chocolat)がシェアした投稿

標準仕様としていくつかのメーカーから商品を選ぶことができるようです。毎日使う洗面所の標準仕様が使いにくくては、満足できませんよね。

標準仕様で人気のメーカーはPanasonicとLIXILです。

LIXILで選べるのは人気シリーズ「L.C(エルシィ)」。

システム洗面台L.CはLIXILの洗面台の中でもスタンダードモデルに位置する商品です。

機能も充実しており、標準設備としてはかなりグレードが高くなっています。収納力も高く、強いこだわりが無ければ満足に使っていける洗面台です。

Panasonicの標準仕様洗面台は「ウツクシーズ」。

ウツクシーズは有機ガラス系新素材を使った洗面ボウルが話題のスタンダードクラスの洗面台です。

引出や水栓のデザインを選ぶことができるので、オリジナリティを求める方には最適な洗面台となっています。

システムバス

mi____さん(@y_m1009)がシェアした投稿

積水ハウス標準のお風呂は「積水ホームテクノ」のシステムバスです。積水ホームテクノと聞いてもピンとくる方は少ないと思います。

大手住宅メーカーの標準設備としてよく使われる実績のあるメーカーです。

設備内容としては、収納棚が付いており、シャンプーやコンディショナーなどを床やカウンターに置かずスッキリと空間を使えます。

口コミ評価もそこそこ高く、強いこだわりや有名メーカの商品が良い!という方でなければ満足して使っていける商品です。

トイレ

ゆるりらさん(@yururira_interior)がシェアした投稿

標準仕様のトイレはLIXILのタンク式トイレです。

所謂、よく見る普通のトイレでデザイン的にはあまりパッとしません。

機能で言えば特に不便な点は見当たらないので、こだわりがない方や他の部分にお金をかけたい方には良いかもしれません。

積水ハウスのオプション内容と費用

エコカラット 1㎡1万円程度

室内の湿度を吸収し、丁度よく保つ調湿機能の付いたタイル材です。

デザイン性にも特化しており、空間のアクセントに最適な商品です。

1㎡当たりのカタログ価格は概ね1万円程度です。

しかし工事に当たり施工費がかかり、役ものも平物のタイルよりも高いので見積もりをしっかり出してもらいましょう。

床暖房設備 50~100万円程度

Atsushi.Kawaiさん(@bond.trust)がシェアした投稿

床暖房設備は寒い冬に足元から体を温めてくれる最高の設備の一つです。多くのハウスメーカーはこの床暖房設備が標準設備ではありません。

しかし、新しく購入する家には床暖房を導入したいと考える方は多いと思います。

そんな床暖房設備ですが、費用としては50万円~100万円程度とお考えください。

導入する居室の広さによっても金額は大きく変わります。導入を検討される際には、営業担当の方にきちんとお話しして見積もりを出してもらってください。

システムバス 50万円程度

先ほどお話ししましたお風呂。標準仕様でも十分に機能的なシステムバスでした。

しかし、システムバスもこだわればこだわるほどグレードの高いものが目に付いてきます。積水ホームテクノの標準的なシステムバスは1618サイズで50万円程度です。

LIXILのユニットバスに変更したとすると、同スペックで大まかに5~10万円程値段が上がります。

LIXIL製の高グレードシステムバスはデザイン性も機能性も高いので魅力的ではあります。しかし、そのシステムバスに交換するとプラス30~50万円ほどかかってしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、積水ハウスの標準装備について紹介しました。

住宅商品ラインナップごとに細かい仕様や設備は変わりますので、より具体的に知りたい場合はカタログ請求をしましょう。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

積水ハウス
フォローする
住まいハック