積水ハウスの耐震性能はどうなの?

積水ハウスでは来たる震災に備えてさまざまな対策・設備を準備しています。
日本では直近20数年で多くの震災被害を受けています。
そのたびに建築技術や建築基準法は見直されてきました。
しかし、東北地方を中心に起きた東日本大震災でそれまで培った技術や法律を見直すこととなりました。

積水ハウスには耐震性能を持つ積水オリジナルの構造があります。

ユニバーサルフレーム・システム耐震等級3

鉄骨平屋・2階建て用構造ユニバーサルフレーム・システムです。
鉄骨柱にブレースを組み込み、縦揺れにも横揺れにも強く独立柱の耐震性も優れています。
また、従来の耐震住宅のテンプレート設計とは異なり、自由度の高い設計を可能にしているシステムです。
建物の構造体のみでなく基礎にも地震から家を守る機能が備わっています。
高精度連続大型基礎「メタルフォーム」を採用し、ユニバーサルフレーム・システムが自信を分散するための地盤を強固なものにしています。

フレキシブルβシステム耐震等級3

鉄骨3・4階建て住宅用システム構造「フレキシブルβシステム」。
積水ハウスが工業化住宅構造として世界ではじめて実用化した重量鉄骨構造です。
もともと高層ビルに用いられていた構造を強固なものに進化させ、地震のエネルギーを吸収してくれます。
鉄骨の品質は厳密に管理され、自社で倒壊実験を行い安全性を保障しています。
また、地震が起きた際に怖いのは火災です。
住宅中からの火災はもちろんですが、外部からの火災は防ぐのが難しいのです。
積水ハウスは住宅が密集した都市部で隣家からの火災からおうちを守るための外壁を用意しています。
優れた耐震性能と耐火性能を備えたシステム住宅で万一の災害から家族を守ることができるのです。

シャーウッドテクノロジー耐震等級3

積水ハウスの一番の人気製品でもあるシャーウッドの木造住宅。
従来木造は鉄骨に比べ耐震性能が劣ると言われてきました。
しかし、日本人は元来木造住宅に好んで住んできました。
そこで積水ハウスは木造の趣や良さを残したまま耐震性を最高レベルまで昇華させました。
それがこのシャーウッドなのです。
使われる構造材は1邸ごとに製造出荷され、強度に関しては実大振動実験でも検証済みの高強度です。
木造の温かみを感じながら、安心して暮らしていける積水ハウス肝いりの構造です。

積水ハウスの地震への影響、評判は?

積水ハウスの住宅は公式サイトや説明を聞く限り地震にめっぽう強いという風に聞こえます。
果たして、本当にそこまでの耐震性能を持っているのでしょうか。

大地震でも倒壊しなかった我が家

岩手県に住んでいます。
前回の震災の時に、周りの住宅の中には倒壊しているものもある中で我が家は倒壊を免れました。
太陽光発電装置も装備していたので、携帯等の充電ができ、近所の方にもお貸しして何とか乗り切りました。
震災地域にいた身として実感もあるのですが、他メーカーより積水は倒壊が少なかったように思います。
積水ハウスで建てておいてよかったと思いました。

シャーウッドは従来の木造よりも強い

地震に強いのは鉄骨、という考えが古くからありました。
確かに木造よりも鉄骨造に方が強いのは明らかです。
しかし、積水のシャーウッドは従来の木造に比べて耐震性が格段に向上しました。
地震の揺れを今までの1/5~1/15まで減少させることで耐震性に優れた木造を可能にしました。
木造の温かみや趣が好きな方にとって、木造に住むうえで耐震性が向上したことは大変喜ばしいことと思います。
地震と住宅はいつも隣り合わせにいるものなので、こういったメーカーの努力が生活を豊かにしてくれるなと感じています。