セルコホームの太陽光発電の評判はどうなの?

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

太陽光発電の評判は?

セルコホームは太陽光発電標準装備商品が調べてもありませんでした。そのため商品を購入して追加料金を払い搭載するようです。

セルコホームは加盟店や支店により太陽光発電のメーカーが異なるため同じセルコホームでも太陽光発電のメーカーが同じになることがありません。

セルコホームは高気密、高断熱の家のため冷暖房をつけてもその熱が逃げにくい構造になっています。そのため光熱費を節約できるため太陽光発電の電気を有効活用し光熱費を削減している家庭が多いようです。

内部の熱が逃げやすい一番の場所は窓のためオプションになりますが樹脂サッシを搭載することにより、より断熱性を高く維持させ省エネ性能をアップさせることができます。

そうすることでエアコンなどの冷暖房を使ってもフル稼働させる必要がなくなり電気代の節約になります。

太陽光発電を搭載させる量にもよりますが、電気の使い方、世帯人数、間取りなどを考慮し工夫することにより発電した電気を有効活用することができ、また、売電収入も期待できます。

セルコホームの太陽光発電にかかる費用は?

セルコホームは太陽光発電の標準装備の商品が見つからなかったため、追加で搭載しないといけません。

太陽光発電に必要なものは太陽光パネル、パワーコンディショナー、モニター、コードなどがあげられます。

太陽光パネルは多くの世帯は屋根に設置します。ですが、屋根が大きければ多くのパネルが設置できますが、屋根の形が多少変わっていたり、屋根が小さかったりすればその分搭載できるパネルも少なくなります。

また、駐車場を作ってその上に設置する場合もあります。メーカーにもよりますが太陽光パネル一枚につき約10万~15万ほどになります。

パワーコンディショナーは発電した電気を一般家庭に使えるように電気を変換してくれるものです。太陽光パネルで発電した電気はそのままでは使えません。

使えるように変換する必要があります。それがパワーコンディショナーです。その導入には30万ほどかかります。

モニターは発電量を見るために設置が必要で、それぞれの機器を繋ぐコードも購入しなければなりません。

あとは設置費に伴い工賃もかかるため標準装備ならいいのですがセルコホームで太陽光発電を導入するにはコストが大きいです。

セルコホームの太陽光発電の売電収入はどうなの?
セルコホームでの売電収入は搭載する太陽光パネルの枚数にもよりますが大いに期待はできると考えられます。その理由が省エネ性の高さです。セルコホームのザ・ホームは気密性、断熱性能が高く、世界基準の最高ランクの数値もクリアしています。そのためエアコンなどの冷暖房を長時間つける必要がなくなり、光熱費を削減させることができます。また、パネルの枚数が多ければ多いほど発電量が多くなり売電率も高くなります。さらに効果的な使い方としては蓄電池とHEMSを導入することをおすすめします。HEMSは電気を無駄遣いしていないかを管理するシステムでスマホやタブレットと連動させることかできます。この導入によりさらにエコで効率のいい電気の使い方ができます。蓄電池は電気を充電するものです。本来は発電した電気を充電させ、夜に使うという使い方をする場合が多いのですが、さらに売電率をあげるために夜の電気代が安い時間帯に充電します。そうすることで昼間は蓄電池の充電した電気を使い、発電した電気を丸々売電に回すことができます。この二つを導入することでさらに売電収入が期待できます。ですが、最近では売電価格も落ちてきていますので、自分達が自給自足の生活できるくらいでいいのであれば、あって損はありませんが、無理してまで購入はしなくてもいいと思います。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

セルコホーム
フォローする
住まいハック