セルコホームの坪単価はいくら?人気3商品の価格を調査!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

セルコホームの価格や坪単価は?

セルコホームは大きく分けて「ザホーム」「スーパーe」「グランドスーパーe」の三つに別けられます。

ザホーム

セルコホームの代表的な商品になります。坪単価も45万~50万と安く、断熱性能、気密性が高く2×4、2×6工法に対応しており、耐震性も高く低価格で安心した住まいを実現することが可能にならます。

外観も様々なバリエーションがあり、おとぎ話で出てきそうな家だったり、外国に住んでいるかのような外観の家など様々なバリエーションがあるため理想の外観に仕上げることができます。

スーパーe

ザホームよりワンランクグレードが高い商品になります。ザホームより断熱性能が高く省エネ住宅ということで売り出しています。

断熱性、気密性共にザホームより高いため冷暖房をフル稼働させることなく生活をすることができます。坪単価的には50万ほどですのでザホームと大きな大差はあまりありません。

グランドスーパーe

セルコホームの中でも一番グレードの高い商品になります。

高気密、高断熱はそのままで床下、小屋裏収納、吹き抜けの間取りなど空間を最大限に活かした間取りや収納スペースを確保できます。

空間を広々と使うことができ、吹き抜けでもセルコホームの高気密、高断熱の家なので室内を暖かく快適にすることができます。一番ランクが高く坪単価は70万ほどになっています。

セルコホームの価格や坪単価の内訳は?

本体工事

家を現場で建てるときに必要なお金です。

セルコホームはパネル式で8割を工場で建てるので現場での工期が短く棲みます。そのため重機のレンタル料や職人さんの人件費も短くコストを減らすことができます。

人件費、材料費、運賃

セルコホームは材料などをカナダから直輸入になっています。仲介業者を通すことがないのでコストを抑えられます。

具体的にはパネルを作ってくれる人、設計士さん、船などで運ぶ運賃などがかかります。日本よりカナダは人件費が安くすむためそこもコストが安くなる理由のひとつです。

付帯工事

水道や電気などライフラインを通す際にかかるお金です。

オプション料金

オプションのものを選べば選ぶほど料金は上がります。壁紙、外壁、床材などグレードの高いものを選べばその分金額も上がります。

広告料

セルコホームで使われるCMや広告など宣伝費も、金額に加算されています。

研究費

ザホームなどの商品を開発するのに投資した金額になります。

セルコホームの総額は契約前見積もりと差がでる?

セルコホームの契約前見積もりの差は多くの場合はオプションの変更により差がでるようです。

いざ、真剣に決めていくとあれもこれもと目移りしてしまいオプションがどんどん増えていくというケースです。標準装備からオプションへの変更は非常にコストが大きくなります。外壁などを変更してしまうとそれだけでも10万以上は違ってきます。

そのためセルコホームで建てるということを決めたら契約前から間取りや、キッチン、浴室など細かいところまで見ておく必要があります。

そこまではできなくても標準装備のところとオプションのところを決めておくだけでも誤差を小さくすることや金額を多少大きく設定して許容範囲を増やすことを考えておくのもいいのかもしれません。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

セルコホーム
フォローする
住まいハック