住友不動産の間取り例を調べてみました!

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

住友不動産の間取りの例

https://smp.suumo.jp/chumon/tokyo/jitsurei/023873_0000/jc_0151/
・J・URBAN COURTの2階建ての延床面積125.86m2の敷地面積186.18m2です。

特徴やメリットのご紹介です。
このマイホームの特徴やメリットは先ず、玄関収納です。
ここが雑然としていると、どんなに素晴らしいエクステリアやリビングであっても、台無しになってしまいます。
玄関の一角にシューズやコート類などを収納できるスペースを生み出しています。
そして、書斎コーナーです。
空きスペースを有効活用し、念願の書斎を実現させます。
書籍や書類などを収納でき、集中して仕事や趣味に没頭できます。
それ以外にも、パソコンを設置してパソコンルームとしての活用など、多彩なアレンジが出来るようになっています。
そして、家事コーナーです。
主婦の仕事は、数え切れない程多岐にわたります。
キッチンに隣接するように、造作家具でカウンターを設ければ、家事仕事がはかどります。
アイロンがけ、料理の補助台など使い方は無限に広がるようにしてあります。
そして、小屋裏スペースです。
屋根の形状や構造などに着目して、デッドスペースを有効活用します。
部屋にすると、高さが当たりないが、奥行きのスペースがかなりある場合に有効になります。
キャンプ用品、スキー用品、季節ごとに衣類を分類収納できます。

https://smp.suumo.jp/chumon/tokyo/jitsurei/023873_0000/jc_0147/?bkflg=1
・J・URBAN COURTの2階建ての延床面積169.65m2の敷地面積99.06m2です。

特徴やメリットのご紹介です。
デザイン性と居住性を兼ね備えた、どこに居てもくつろげる家。
そんなイメージにいちばんフィットしたのが、和のテイストのなかにモダンな感覚を採り入れたJ・アーバン コートになります。
とくに片流れ屋根のシャープな外観と、コートを囲むように部屋を配した空間構成が魅力です。
LDKや和室のサッシを開けると、室内に居て屋外を感じられる開放的な空間が広がります。格子戸を閉じれば外の目も気にならないので、友だちを呼んでバーベキューをしたり、オープンカフェの気分を楽しんだり、くつろぎのライフシーンを満喫出来る家となっています。
家族の時間を大切に出来る構造になってるのも良いです。

https://smp.suumo.jp/chumon/chiba/jitsurei/023873_0000/jc_0146/?suit=nsuusbsa20100707001
・J・URBANの2階建ての延床面積131.14m2
の敷地面積495.56m2です。

特徴やメリットのご紹介です。
パティオ(中庭)をコの字型に囲むよう設計された住空間には、大きな開口部から光と風が取り込まれる構造になっています。
おかげで、家中がとても明るくなるようになっています。
和室は壁や天井を黒で仕上げ、しっとりと粋な和モダン空間を追求しています。
更にはキッチン裏に大きな収納庫を設けたり、生活動線をスムーズにするなど、暮らしやすさにも配慮されたマイホームになっています。
部屋ごとに異なるデザインのクロスを選んだり、風が抜けるようにフィックス窓ではなく開閉可能な小窓を採用したりなど、自由な家づくりが出来ており遊び心満載のマイホームになっています。

https://smp.suumo.jp/chumon/tokyo/jitsurei/023873_0000/jc_0174/?bkflg=1
・J・RESIDENCEの2階建ての延床面積194.70m2の敷地面積120.10m2です。

特徴やメリットのご紹介です。
高級マンションのような気品に満ちたデザインが標準仕様になっているのが特徴になります。
リビングを中心に、ご家族が自然にコミュニケーションがとれる間取りや動線を実現した住まいになっています。
家族の時間を大切にしようと言うのが出ているマイホームになっています。
階段の位置や、景色を楽しめる大きな窓に、天然石の使用など、細部にまで十分こだわった家づくりが実現されたマイホームになっています。

https://smp.suumo.jp/chumon/tokyo/jitsurei/023873_0000/jc_0149/?bkflg=1
・J・URBANの2階建ての延床面積112.61m2の敷地面積219.39m2です。

特徴やメリットの紹介です。
パティオは屋外空間だけど、外にはしっかり閉じられているから、子どもたちを遊ばせても安心な特徴になっております。
外からの視線が気にならないのでカーテンを閉めずに開放感を満喫できる点も特徴になっており魅力です。
パティオに面したフルオープンサッシを開け放つと、LDKとひとつながりの伸びやかな空間を実現されています。
子供達も楽しそうにのびのび遊べる住まいになっているのもメリットです。
スムーズな家事動線やキッチンからLD、玄関まで見渡せる特徴にもなっており、便利な生活を送れるようにもなっています。
パティオによってもたらされた光あふれる心地良さを、存分に満喫する事の出来るマイホームです。

https://smp.suumo.jp/chumon/tokyo/jitsurei/023873_0000/jc_0150/?bkflg=1
・J・URBAN COURTの2階建ての延床面積160.65m2の敷地面積394.53m2です。

特徴やメリットのご紹介です。
デザイン性の高さ。<J・URBAN COURT>のガラスパネルを用いたモダンな外観は特徴の一つになります。
コートには格子戸が設けてあるので、緩やかに外部と仕切りながら、コートに面した窓を開け放つことで外との一体感を楽しめるのも特徴です。
LDKから和室までをひとつながりにした、子どもの様子をいつも見守れるマイホームの仕組みになっており、安心出来るのもメリットになります。
光や風の心地良さ、開放感を存分に満喫出来るマイホームです。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

住友不動産
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック