住友不動産の坪単価はいくら?人気3商品の価格を調査!

住友不動産の価格や坪単価は?

J・アーバン

・価格や坪単価
38坪   = 2450万円
坪単価 64.4万円/坪
・特徴
まず外観がとても素敵です。
パッと見た感じ家っぽくなくて、ビルのような洗練されたデザインが素敵なのが特徴です。
更に、防犯やプライバシー保護に強いデザインも特徴になっています。
Jアーバンの特徴である窓の縦長の細窓・正方形のプチFIXは、人が侵入できないような形になっています。
プライバシー保護にも役立つ形になっています。
それなのに部屋の中から外は見えるようになっていて、自然光も入ってくるのです。
パティオも特徴の一つになっています。
中庭がある空間自体も素敵で、中庭から入ってくる柔らかい自然光が各部屋に入ってくるので自慢のパティオです。
更に掃除が楽なようにもなっています。
基本的にJアーバンは外に対して閉じ、内に向かって大きな開放感をもたらすというコンセプトがあります。

J・レジデンス

・価格や坪単価
42坪   = 2820万円
坪単価 67.1万円/坪
・特徴
建物の角を欠くことで醸し出す陰影と奥行き感が特徴になっています。
水平ラインを強調するアルミ手摺にしてあります。
統一感のある窓周りもJ・レジデンスの魅力になっています。
バルコニーも、建物の角に設置してあります。
フローリングでは、耐傷・耐汚性に優れてメンテナンスも容易なシートフローリンク゛を採用しています。
ハイパネルなので、リビング階は約2.7mの天井高になっています。
更に、リビング階のテラスやバルコニーへの出入り口には高さ約2.4mのハイサッシを採用しているので、開放感溢れる空間にされているのも特徴の一つになります。
キッチンでも、高級感のある天然御影石カウンターやスタイリッシュなステンレスフードを採用しています。

J・スカイ

・価格や坪単価
40坪   = 2680万円
坪単価 67万円/坪
・特徴
力強く安定感ある下層に、シンプルな平屋をふわりと置いたようなデザインなのが特徴になります。
工法や構造は、2×4工法、2×6工法、木軸パネル構法になっています。
ガラススクリーンはとてもJ・スカイの魅力の一つになっています。
空に向かって開かれたルーフバルコニーも特徴の一つです。
縦と横の空間の広がりの中で心地良さを満喫出来るようになっています。
パティオに面しているフルオープンサッシを開け放てばリビングやダイニングと一体化した大空間を実現しています。

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

住友不動産の価格や坪単価の内訳は?

48坪で総額4300万円程だとしたらの建物本体工事代以外の部分の内訳です。
・屋外給排水 50万円
・ガス工事 32万円
・解体工事 296万円
・地盤改良 150万円
・解体時アスベスト処理費用 38万
・外構工事 195万円
・照明代 48万円
・エアコン工事 118万円
・諸費用(確認申請・敷地調査費・設計料など長期優良住宅申請料はなし) 76万円
・登記費用 14万6000円
・既存建物滅失登記費用 32000円
本体工事代以外で約1000万円の見積もりが含まれている事になります。

住友不動産の総額は契約前見積もりと差が出る?

オプションを付けるか付けないかでの差か出ます!
ある程度は契約前の見積もりに全項目を入れてくれていたり、ある程度のオプション費用は付けてくれて見積もりを出しますが、やっぱり何だかんだお話しを進めていくと色々とやりたくなってしまって、差が出てきます。
大体50?200万あたりの差が出てきます。
差が出てくる内容としては、サイディングを30年のメンテナンスフリーにしたりだとか、床暖房を蓄熱式に変えたりすると大きく値段が変わってきてしまいます。
蓄熱式に変更するにあたっては、プラス50万程かかってきてしまいます。
後は、トイレだったりお風呂だったりキッチンの仕様を更に良くしようとか思ってしまうとまたお値段が変わってくるので高くなります。
部屋に付く窓の数も標準の決まりがあるので、この部屋の窓を増やしたいとかなるだけでもオプションのお値段が入ってきたりします。
コンセントの和でもそうです。
部屋ごとだったりに標準で付けれる和が決まったりしてると、この部屋には余分に欲しいとかなってしまうと細かな所でもお金がかかってきてしまいます。
照明やカーテンでも色々とこだわった事をしていくとどんどんお値段が加算していく事も有ります。
勿論、外壁工事でも言えます。
ある程度の予算は外構費用で取ってますが、こだわった外構にしていったりするとお値段が全然違う金額にもなってしまいます。
カーポートのこだわり一つで凄くお値段も変わってきてしまいます。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

住友不動産
フォローする
住まいハック