ヤマダ・エスバイエルホームの太陽光発電の評判はどうなの?

ヤマダ・エスバイエルホームの太陽光発電の評判は?

今回、ヤマダ・エスバイエルホームの太陽光発電について調べていました。
しかし、ヤマダ・エスバイエルホームとしての太陽光発電に関する口コミはとても数が少ないことがわかりました。
そこで、ヤマダ・エスバイエルホーム+親会社であるヤマダ電機が展開する太陽光発電の評判・口コミを集めてみました。
ご参考までにご覧いただけますと幸いです。

評判1:住宅ノウハウとエネルギーノウハウの融合

エス・バイ・エルは60年にわたり、住宅ノウハウを研究してきました。
人が住みやすい間取り造りや日差しの取り入れ方、季節の移り変わりを感じられる住まいを提供していました。
そこにヤマダ電機が家電量販店として培ったエネルギーに関するノウハウを合わせたものが「スマートハウジング」というものです。
導入される設備は発電量や蓄電量を見える化する「HEMS」、蓄電池、太陽光発電パネルなどです。
自然と調和することをコンセプトに住宅を作ってきたエス・バイ・エルにとってはこの試みは新しい価値住宅を造る機会になったと言えるでしょう。
また、これらの電気設備に関しては価格帯、予算によって選べる「スマートパッケージ」という商品で扱われています。
両社の長所を詰め込んだスマートハウジングはこれからのエネルギー社会に大きく前進をもたらすことにもなりそうです。

評判2:スマートハウスを強くした

元々エス・バイ・エルという名前で知っていたメーカーですが、気が付いたらヤマダ・エスバイエルホームになっていました。
エス・バイ・エルで住宅を建てたいなと思っていたので試しに話だけ聞きに行きました。
すると、展示場にあったのはスマートハウスと言われる次世代エネルギー住宅でした。
私としては小堀の住まいが気なっていたため少し残念でしたが、とりあえず見てみようと思い見学しに入りました。
すると太陽光発電で発電した電気の量を目で見て確認できるシステムや発電サイクルなどの説明をしてもらえたのでとても分かりやすく見学する事が出来ました。
エス・バイ・エルの強みであるデザイン性と木の強度は保ったまま省エネ住宅にできるとのことでしたので思いのほかとても気になってきました。
これからの社会の中でこういった住宅を選択することは一つの価値としてとても有意義なことかもしれないと感じました。
購入に関してはこれからの話になりますが、ぜひ参考の一つとして考えたいと思っています。

評判3:関西では有名な老舗

私は関西地方に住んでいるのですが、高級住宅といえば小堀住研でした。
芦屋や神戸などの高級住宅街に立ち並ぶおしゃれな住宅を見て、いつか自分もここで建てたいと思っていました。
それが近年ヤマダ・エスバイエルホームという名前に変わったと聞いて、ヤマダ電機傘下かあ・・・と思ってしまいました。
しかし、ウェブサイトを見てみると当時から続く和モダンなおしゃれな住宅も展開していると知り、興味が湧き見学に行くことにしました。
試しにスマートハウジングという住宅を見学しに行きましたが現物を見てビックリ。
思っていた以上におしゃれで、下がっていた期待値は急上昇しました。
省エネ設備についても丁寧に説明していただき、とても助かりました。

評判4:広く無駄のない住宅づくり

ヤマダ・エスバイエルホームで新築を建てました。
まるで洋館のような住宅を作りたかったので大きな吹き抜け、シーリングファンを付け、会談は家の中心に配置しました。
今回はオール電化の住宅にしようと最初から決めていたのもあり、太陽光パネルと蓄電池等の設備も導入しました。
夏場に電力が嵩まないように、また自動車を電気充電式のものに変えて省エネを図るために電気ステーションも完備しました。
空間づくりにも妥協せず、ウッドデッキやオープンカウンターのキッチンを設置することにしました。

評判5:特筆背べき点は無し

すでに多くのメーカーが導入を開始している太陽光発電。
ヤマダ・エスバイエルホームでもこの太陽光発電設備を取り入れた住宅を販売しています。
ですが、ヤマダ・エスバイエルホームが提供している太陽光発電に関して、特に長けている部分は無いと言えると思います。
しかし特筆できる部分が無いからこそ、太陽光発電体験会なるものを実施して、実際の発電設備をアピールする機会を設けているのです。
調べただけの情報よりも実際に目で見て感じられるので、お客様からの評価は上々でイメージアップにつながっています。

ヤマダ・エスバイエルホームの太陽光発電にかかる費用は?

ヤマダ・エスバイエルホームはヤマダ電機傘下の住宅メーカーだという事は前項でもお話ししました。
そんなヤマダ・エスバイエルホームは省エネ住宅であるスマートハウジングに現在力を入れています。
しかし、太陽光発電システムは安いものではなく、かなり金額がかかるというのも事実です。
ここでは実際にいくらほどの設置費用が掛かるのかを調べてみました。

ヤマダ・エスバイエルホームが販売しているスマートハウジングはこれらの設備が搭載されているのでパック価格で購入する事が出来ます。
坪単価としては65万円~70万円程度とヤマダ・エスバイエルホームの相場と相違はなさそうです。
また、他のシリーズの住宅を購入して太陽光発電を導入したい場合には単体購入となります。
所謂オプションというものですが、太陽光発電はオプションの中でも価格設定がかなり高くなっています。
一般的な相場は200万円から300万円するとも言われる太陽光発電。
ヤマダ・エスバイエルホームの太陽光発電オプションは150万円ほどと価格相場から言えばとても安いと言えると思います。
太陽光発電を導入する際に各自治体や国から補助金が出る制度もあるようなので、そちらも確認することが重要です。

保証に関してもヤマダ・エスバイエルホームでは「超・長期保証」が備え付けられています。
立地などによって保証外になってしまう可能性があるため確認が必要ですが、住宅構造等の定期点検をしてくれる保証は安心の一つですよね。

ヤマダ・エスバイエルホームの太陽光発電の売電収入はどうなの?

太陽光発電を導入するという事は高額でそのシステムを購入することです。
導入するメリットとして皆さんが考える事は光熱費の削減ですよね。
旧来は日々の高熱費を減らすことを目的に導入するにがセオリーでした。
しかし、現代の太陽光発電は他のメリットも併せ持っています。
それは売電収入と言われるものです。
売電収入とは自家発電した電気を蓄えて、電力会社に売ることを指します。
この制度が始まってから太陽光発電のニーズは高まり続け、現在に至っています。

実際にスマートハウジングで家を建てた方の情報をもとに売電でどれだけの収入が得られるのかを調べてみました。
住宅に実際に導入した人の話を調べていくと、概ね毎月10000~15000円程度の売電が見込めるようです。
年間に直すと120000~180000円ほどの収益となります。
この数値は建てた地域や気候によっても変わってくるため、導入の際にはきちんと設計や営業に相談をすることをおすすめします。