タマホームの平屋の評判は?坪単価や間取り図など解説!

スポンサーリンク

出典:タマホーム

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

タマホームの平屋の特徴、評判は?


タマホームの平屋の特徴としては、やはり他メーカーよりも安く坪数の大きい建物を建てられるといった事が大きいようです。

家で一番高い部分は基礎の部分であり、平屋は基本的には贅沢な作りになるということですが、ローコストのタマホームであれば坪数の確保は非常にメリットの一つとしては考えられるでしょう。

満足されている方の口コミでは単純に他のメーカーと比べて安く大きな家が手に入るということが多いです。

他メーカーですと2階建てから平屋にしようとすると坪単価が異常に高くなるのですが、タマホームの場合平屋にしてもそれほど坪単価が上がらないというのが特徴です。(一例では坪単価2万円程しか上がらなかったというケースも)

基礎、屋根面積が増えるため、自然と坪単価は上がってもおかしくはないのですが、ほぼほぼ変わらないタマホームの価格設定は非常に良心的に感じます。

やはり安さというのは多きな武器になる事がわかりますね。

一方、不満足だという方の中には家自体の性能面に目を向ける方が多いです。

壁をこすっただけで剥がれてしまったというケースや、夏暑く冬寒い、音が響く等のケースがあるようです。

挙げ句の果てには担当営業マンに、「そういうものです」といわれるケースもあるのだとか。。。

性能より家の広さを優先したい方にはもってこいのメーカーだと思います。

まあ基本設備もそこそこですし、間取りも自由設計でこだわれるようであれば安い方が良いと思う方も多いですよね。

タマホームの平屋の価格・坪単価は?


タマホームで4LDKの平屋を建てようという場合、一つの例として35坪で総額1,600万円という数字が出てきました。

つまり、坪単価でいうと約45万円になります。

この数字は総額で割ってこの金額ですので、オプション等も込みでの価格と思うとかなり安いと思います。

ちなみに本体価格はこの場合1,000万円程であり、必要費用(電気工事や給排水工事、ガス工事等の付帯工事等々)が90万円ほどとなります。

これにオプション費用を追加して1,600万円というイメージです。

最近のタマホームは平屋ですとデザイン性が高くなっていたり、グレードの高い間取りを用意しているようで、少し力を入れている印象もありそうです。

ちなみに5LDKの間取りを建てた実例では1,540万円で建てられたというケースもあるようです。

こう見ると4LDKの平屋と変わらない値段で建てられることがわかりますね。こまかいところまでの見積りの詳細はわかりませんが、そこまで変わらず建てられるのであればかなりのお得感はあります。

ただ、オプションを出来るだけ付けないといった工夫は必要かもしれません。標準仕様を基準として、あまり多くのオプション機能を付けなければ1,600万円以内での5LDKの平屋は建てられるでしょう。

また、「大安心の家5シリーズ」であれば545万円という驚きの価格で家が建てられるのだとか。本当かと心配になるくらいの価格ですが、結論実際はそうではないようです。

「本体価格」として545万円ということらしいので、人が満足して住む状態まで持って行くと最低でも1,200万円は必要になってくるようです。盛りすぎな価格ですが宣伝効果は強いですね。

安さの秘密は平屋であれ二階建てであれ、20通りのパターンから選ぶシンプルな作りにあるようなので、価格の宣伝に釣られることだけは気をつけた方が良さそうです。

とはいうものの圧倒的な安さが魅力の一つではありますので、仕様のスペックに納得がいけばかなり良いメーカーという事にはなりそうです。

タマホームの平屋の間取り図

2LDK、ビルトインガレージ付き50坪

出典:タマホーム

3LDK、41坪

出典:SUUMO

3LDK、30坪

出典:SUUMO

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

タマホーム
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック