タマホームの口コミや評判は?メリット・デメリットなど解説!

タマホームの特徴は?

CMでもおなじみの、「今支払っている家賃で家が建つ」というキャッチコピーが印象的なハウスメーカーです。
ハウスメーカー業界の中でも、坪単価が安いローコストメーカーの中の一社であり、坪単価としては40~50万円程が平均的な金額です。
オプション工事項目が多い印象があり、本当に必要最低限な仕様項目で最初は提案をしてきます。
このようにしなければならない理由として、「金額が安い」を売りとする為に、提案をする営業担当が一人で解決できるレベルにして人件費をなるべく抑える必要があるからです。

タマホームの口コミはどう?

普通を求めるのであればOK
タマホームを選ぶ方の心理としては、CMや広告でもかなり安さアピールをしているということもあり、できるだけ安く家を建てたいという方が多いです。
上記でも紹介しましたが、タマホームは一人の営業担当が一人で解決できるレベルの家であれば問題は無いかと思います。
普通の家、建て売りレベルの家であれば価格は抑えられて建てられます。
選ぶ営業担当も大事になってきますが、多くを求めない方にとってはコストパフォーマンスは感じられるメーカーだと思います。

建築基準法上構造には問題なし
「大安心の家」というキャッチコピーを掲げている通り、標準仕様でもそこそこの耐震性能はあります。耐震等級も最高等級3はクリアできるようです。
構造自体は建築基準法上問題の無い範囲で、中の仕様は標準でも良くて構造が最低限安心できるものであればという方には非常にオススメです。
今は他メーカーでもプラスαの耐震技術が発展しているが、そこまでは不要という方であれば問題は無いメーカーだと思います。

マニュアルはしっかりしている?
家は大工によって作られるため、手がける大工の腕によって出来上がりは変わってきます。タマホームは施工マニュアルを作る事により、出来上がりの違いを少しでも減らそうという仕組みはあります。しっかりとした営業担当で、現場も仕切ってくれる細かい方であれば、出来上がりにそこまで問題を感じる事はないでしょう。

契約後に金額が上がるのか
上記でも紹介した通り、タマホームの営業担当は、最初は必要最低限の仕様で提案をするため、他社と競合した際に金額はダントツと言っていい程安いです。
他社と比較検討する方にとって一番インパクトがあるのはやはり建築費用です。
同じ仕様、同じ間取りで提案を受ける訳では無いため、金額だけが一人歩きをし、契約後にどんどん金額が上がって初めて気付く方も多いようです。

近隣のクレームが発生しやすい?
工事現場の整備、管理等、現場によって変わる事は事実あるようです。
部資材やゴミが毎日といっていい程出るのが家の建築ですので、大工の現場清掃の意識は重要になってきます。
たとえマニュアルがあるとしてもタマホームの現場は比較的雑な点が多く、配慮が足りないことが多いようです。人件費を抑えて安く売っているローコストメーカーの宿命ではあります。

タマホームのメリットは?

多くは求めないが注文住宅にこだわりたい方
建て売りだと建物に生活を合わせる必要がありますが、注文住宅であれば生活に合わせた間取り作成が可能です。
標準仕様でまとめる事が出来れば本当に月々支払っている家賃くらいで家は建てられると思います。注文になると欲が出てきて色々な事をやりたくなりますが、可能な限りオプション項目を減らせばコストパフォーマンスは高いメーカーです。

タマホームのデメリットは?

しっかりとした営業担当を選ぶ必要がある
これはどのメーカーであっても大事な事でありますが、タマホームで建てられる方は特に必要になってきます。
正直、当たり外れがここまであるメーカーは他に無いと思っていいです。
建物の打合せから現場の管理、住宅ローンを利用する方にとってはその段取りまで、全て営業担当の「段取り力」にかかっています。
雑な担当だと思ってもいない様々な問題が発生する可能性が非常に高く、最悪の場合ご自身で動かなければならない事態が起こりかねます。