タマホームの坪単価はいくら?人気3商品の価格を調査!

タマホームの価格や坪単価は?

【大安心の家】
大安心の家は、無駄なコストを抑えながら、高い住宅品質を維持するタマホームのベストセラー商品のひとつになっているようです。長期優良住宅に標準仕様で対応していることをはじめとし、思い描いた住まいをかたちにできる自由設計や、毎日を快適にする最新システムの導入など、顧客の日常の目線に立った家づくりにこだわりをもっているというテーマでつくられています。
坪単価も35~45万円代になっており、30坪で高くても1,350万円ほどになります。この値段は他のハウスメーカーに比べると圧倒的に安い値段となっており、魅力的な価格ですね。
また、「大安心の家」には「通常版」と「プレミアム」にわかれているようです。プレミアムになると、外壁材や柱のグレードが大きく変わり、坪単価も通常の「大安心の家」に比べると10万円はあがるようです。高級感を求めるのであればプレミアムにした方が良さそうです。

【木麗な家】
さらに低価格を実現する商品がタマホームにはあります。それが木麗な家という商品です。最長30年長期保証・点検で長く快適に住まうをコンセプトとし、自由設計で建てられるようです。顧客の予算に合わせて、家族構成などを総合的に検証した上で最適なプランを営業担当が提案するというもの。
坪単価としてはだいたいですが23万円ほどのようです。ただこの金額はタマホームが表示している坪単価ではなくて、実際に「木麗な家」で建てた人の坪単価等を参考にしたものなので実際はまちまちな感じだと思われます。
仮に坪28万円で40坪の家を建てたとすると1,120万円という脅威の数字で建てられそうですね。安いと言われている大安心の家よりも更に安いということで、他メーカーも手に負えない程の価格設定をしているようです。

【元気の家】
驚く事に、木麗な家よりも更に!安い商品がタマホームにはありました。それが元気の家という商品です。
これも特徴としては、保証については木麗な家と同様で30年保証・点検、そしてなにより自由設計だということです。
気になる坪単価ですが、21万円ほどとのこと。圧倒的な安さです。他のメーカーでこの坪単価は聞いた事が無いですね。
しかし、安すぎる坪単価の反動からか、品質を心配する評判が多い事も事実です。ましてやタマホーム自体ですら会社の質や商品の品質を疑ったり心配している方の評判が多いのですから当然なのでしょう。。。
消費者目線ではなるべく安い方が良いという気持ちの反面、安すぎると裏があると考える方も多いようです。

タマホームの価格や坪単価の内訳は?

まず、坪単価の表記の仕方ですが、法で決まっている訳でもないですし、業者が決めていいということ前提にあります。
そのなかで、タマホームを筆頭に良心的でないメーカーは延べ床面積にポーチや勝手口面積、バルコニーおよびバルコニー下を加えた面積、吹き抜け、ロフトを加えた面積で表しています。工事面積、施工面積、当社基準面積などと表しているのは全てこのタイプと思っていいようです。
こうすると、延べ床面積40坪の家で工事面積50坪以上の家になるんだとか。。。2,000万円の家なら40坪で割れば坪単価50万円、50坪で割れば坪単価40万円となるわけです。同じ家なのに坪単価はごまかせちゃいます。

坪単価に含まれるもの、、、
〈家をひっくり返した時に落ちないもの〉
例えばキッチンやお風呂、洗面なんかもこの類いに入ります。
あとは作り付けの棚や、造作材も坪単価には含まれそうです。

含まれないものとしては、当然ですが家具や照明器具などはこの類いですね。

タマホームの総額は契約前見積もりと差が出る?

ほとんどの方が契約後の打合せで総額となる金額が上がっているようです。
その理由としては、標準仕様に満足いかない方がほとんどだから。これがほぼほぼ全員に関係しているようです。食洗機も標準ではないし、室内物干しもついていない、ロフトなんかは大きく金額が上がるポイントだそうです。
打合せをしていくにつれてどんどんこうしたい、ああしたいというのは増えてきますよね。当然のことです。
契約時にこれを見込んでおけば後々心配は無いですが、そこまで考えられる方の方が少ないのが実際のところ。初心者ですからね。。。
アベレージ300万円は増えるケースが多いようです。