東急ホームズの評判は?口コミからみるメリット・デメリット

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

東急ホームズの特徴は?

東急ホームズは輸入住宅で、主に北米の住宅を扱っています。東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、栃木県、福岡県、佐賀県に展示場があり、北米の雰囲気を日本に取り入れるという思いから東急ホームズが実現させた商品になります。工法は2×4、2×6工法を取っており、日本の木造軸組工法とは異なります。日本の木造軸組工法は柱をたてて柱と梁をくっつけて、骨組みを作ったあと屋根や外壁、外装を仕上げて内装の内壁、床、天井と仕上げていきます。ですがこの2×4、2×6工法は壁や天井をパネルにし、組み合わせて作っていきます。

上の画像のように壁や天井をパネル状にし1つの建物に仕上げていきます。商品により違うようですが2×6工法だと使う木材が厚くなるため強度が増します。また、木造軸組工法と最大に違うのは耐震力で、木造軸組工法はあくまで建物を支えるのは柱です。地震が来たとき数十本の柱で建物を保つわけですが、2×4、2×6工法では柱ではなく、パネル全体で建物を支えるため、建物の安定感、耐震力が木造軸組工法より確実に上がります。外国の建築方法を日本で取り入れるため、デザインも欧米のおしゃれな外観になります。そのため洋風でお洒落な家を希望の家庭におすすめなメーカーと言えます。

東急ホームズの口コミはどう?

子供の頃から夢見た家でとても嬉しい
子供の頃から外国の家に憧れを持っていました。東急ホームズは北米の建築を扱っていると知ったので、見学に行くと子供の頃に夢に見た外環、内装でした。子供の頃の夢が叶った瞬間でした。

日本では難しいことも東急ホームズで可能でした。
私たちは洋風な家を希望していて、理想が高かったため日本のメーカーでは内装も外環も理想通りは難しかったです。ですが、東急ホームズは輸入住宅でしたので私たちのこだわっていたところが全て叶いました。

お泊まり見学会に行って、和やかに過ごせた。
家族で東急ホームズの見学お泊まりに行きました。北米の雰囲気がどんなものか気になりましたが予想以上に家族と仲良く、和やかな雰囲気で有意義な時間でした。

一度間取りを決めてしまうと変更が難しい
パネルの作りなので、パネルを作ってしまうともう変更が効きませんでした。やはりこのような作りは融通が効かないのは不便なところだと思います。

オプションだけど全館空調システムで快適
オプションでしたが2×6工法を最大に活かすなら必要かなと思いました。パネルなのでやはり高気密、高断熱が高く、全館空調システムでより快適に過ごせています。

東急ホームズのメリットは?

メリットはやはり外国の工法の2×4、2×6工法で耐震力が高く、また高断熱、高気密が維持されやすいので安定感があり、快適に過ごしやすいところです。オプションの全館空調システムで快適性が増し、過ごしやすい建物と思います。また、外環も内装も欧米の建物をモデルにしているので、日本で外国に住んでいるかのような雰囲気を楽しむことができ、女性にはかわいくみえたり、お洒落に見られる方も多いと思います。外国の建物が好きな方には是非ともおすすめしたいメーカーです。

東急ホームズのデメリットは?

東急ホームズの悪い口コミはあまりなかったのですが、やはり工法的に融通が効かない部分は出てきます。例えば間取りの変更が効かないのもそうなのですが、この工法は柱がありません。そのためキッチンとリビングを広くしたいと思っても日本の工法は柱を建てて強度が落ちないようにするのですが、パネルですのでそのようなことができません。つまりLDKを広くしたくても強度の問題でできず、キッチンとリビングの間に一枚パネルをはさんだり、または、LDKを狭くしたりしなくてはなりません。このような理由から間取りにある程度の制限が出てしまうのでデメリットになってしまうのかなと思います。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

東急ホームズ
フォローする
住まいハック