東急ホームズの標準装備やオプション内容、費用を調べてみた!

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

東急ホームズの標準装備の中身は?

二重のペアサッシ

ペアサッシが標準で付いています。建物全体をペアサッシで統一できるので高気密、高断熱の建物でも熱が逃げにくいです。

保温性、遮音性に優れています。ですが、現代はトリプルのペアサッシが主流になりつつあります。

トリプルになりますと保温性が格段に上がり、窓が大きくても熱が逃げにくく、外の音も気にならなくなります。

また、グレードが高いものになりますと紫外線を室内に入れないため外気温の影響を入れませんし、室内の熱を外に逃がしません。

このようにサッシはもうトリプルがでていますので、ペアサッシが魅力的な標準とは言えません。

制震バンパーを標準装備

東急ホームズは2×4から2×6に変えて制震バンパーを標準装備しています。2×4から2×6に変えることで壁が厚くなり、地震への強度が上がります。

そして制震バンパーを内蔵し地震の衝撃を逃がして建物の負担を減らしています。

2×6にすることにより建物が強く、なおかつ建物への負担が減ることにより建物のダメージが軽減されるため地震については強い仕組みになっています。

優良住宅で減税

東急ホームズは標準装備の建物で国が指定する条件をクリアし、ローン減税、登録免許税、固定資産税、不動山取得税が減税されます。

これらを受けるには耐久性、耐震性、メンテナンス性、省エネルギー、住居面積75㎡以上、建物の計画的な維持保全、近隣への環境保全など七つの項目をクリアする必要があります。

敷地などにもよりますが標準装備でも減税対象になりますのでこの点は安心できる点だと思います。

東急ホームズのオプションの内容と費用は?

全館空調システム

これは必ず入れることをおすすめする商品になります。全館空調システムを入れることにより建物内の空気を一定に保つことができます。

そのため温度差で引き起こすヒートショックを防ぎ建物内でも安全に過ごすことができます。

また、建物がパネル式ですので室内の気密性が高く室内結露の原因にもなりますので適度に換気をする必要がありますが全館空調システムを入れればそれらの心配がなく、建物内の空気をクリーンに快適な状態に常にすることができます。

二階をフローリング

標準装備ですと二階はカーペットになります。欧米の建物らしいですがオプションにすることでフローリングにし遮音マットも追加されます。

これは好みに別れますが、マットは汚れが残ってしまい、維持が大変なのでフローリングにした方が過ごしやすいと思います。

作りつけ収納スペース

作り付けの収納スペースを作ることにより収納家具の設置を減らすことができます。

地震が発生したり、子供がふざけていたずらしても倒れる恐れがないため、事故を防ぐためにも作り付けの収納家具はおすすめだと思います。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

東急ホームズ
フォローする
住まいハック