東急ホームズの耐震性能はどうなの?

スポンサーリンク

標準設備や商品の特徴はカタログが詳しい!

☞ 希望メーカーのカタログを無料一括取り寄せはこちら

東急ホームズの耐震性能はどうなの?

東急ホームズは耐震等級が2以上と表記されています。耐震等級は1~3の間で表され、数字が高くなるほど地震に強い家という表れになります。東急ホームズは2以上となっていますのでちょうど中間になります。日本建築で多いのは木造軸組工法で柱で建物の形を作り、壁や床を作っていきます。つまり建物を支えるのは数本の柱だけになります。これに対して東急ホームズは2×4工法をとっており、壁や天井をパネルで作り組み合わせていく工法になります。そのため柱だけで支える木造軸組工法とと異なりパネル全体で地震の衝撃を受けることになるので衝撃が分散し建物へのダメージを軽減させることができます。また、2×4工法よりも強い2×6工法も採用しているため耐震力はかなり上がります。2×6工法と2×4工法の異なる点は2×6工法の方が材料となる木材がより厚くなるため2×4工法よりさらに強度が上がります。

上の画像は壁パネルの断面図です。耐震力を強化するために構造用合板を外壁側に入れています。合板を入れることにより地震が来ても隙間がないのでグラグラ揺れることがなく建物を固く保つことができます。ですが壁の内部の空気が逃げれないので湿気が溜まり結露の原因になります。
2×6工法ですと上の画像の制震バンパーを標準装備にしています。横揺れが来てもこの制震バンパーが建物の衝撃を吸収してくれるため、建物の負担が減り地震にさらに強くなります。制震バンパーは他社メーカーでも標準で装備してくれるところは多くないため地震についてかなり力を入れていると思います。また、オプションになりますが免震システムも導入しています。突風や地震がきても揺れを吸収してくれるので建物内は揺れがなくなりより安全に過ごすことができます。ただ、免震システムはどこのメーカーも高いので入れる人はあまりいません。

東急ホームズの地震への影響、評判は?

お洒落だけど耐震性があって安心
東急ホームズは外観や内装がオシャレです。オシャレですが建物内を耐震バンパーや2×6パネルでおおっており、気密性が高く、全館空調システムで居心地よく、耐震についてもとても対策されています。オシャレなとこだけではなく中身もしっかりした仕組みにしてくれているのが安心できます。

ベタ基礎を標準装備にしてくれているのが嬉しい。
実家は布基礎で地面がまる見えの上に建物が来ていたので虫が室内に入ってきたり、時間がたって古くなると劣化し地震などの衝撃でヒビが入ったりしたのですがベタ基礎だとそのようなことがなく頑丈な建物にできると言われました。虫が発生しにくくベタ基礎で建物全体を支えられ2×6工法ですので災害がきてもある程度は耐えられると思います。ベタ基礎は高いと言われていましたが標準装備なのが何より嬉しいです。

理想の家づくりはカタログ請求から!

マイホームを検討した人の約8割が平均15社以上カタログ請求・比較するという結果が判明しています(リクルート住まいカンパニー調べ)

家づくり成功の秘訣はカタログ集めから始まるといっても過言ではないです。

希望の予算や家のタイプ(平屋か2階建てか二世帯かなど)、メーカーなどから目的に合わせて複数社からカタログの一括取り寄せが可能。もちろん無料です。

【無料】カタログ一括請求はこちら

東急ホームズ
スポンサーリンク
フォローする
住まいハック